テーマ:映画

『日本のいちばん長い日』を見た

1967年に公開された岡本喜八監督の『日本のいちばん長い日』を『午前10時の映画祭』の4Kリマスター版で見ました。 1945年8月14日のポツダム宣言受諾決定から宮城事件を経て玉音放送に至るまでの24時間を描いた映画です。宮城事件とは無条件降伏に反対する陸軍将校と近衛師団が起こしたクーデター未遂事件でのことで、皇居を占拠し、玉音放…

続きを読むread more

『ストップ・メイキング・センス』を見に行った

ジョナサン・デミの監督によるトーキング・ヘッズのライブ映画『ストップ・メイキング・センス』を立川のシネマシティの極音上映で見ました。ちなみにジョナサン・デミは『羊たちの沈黙』を監督しています。 この映画は1985年の公開でカルト的な人気があることは知っていましたが、見たのは今回が初めてです。トーキング・ヘッズについてはこの映画のサ…

続きを読むread more

『ROMA/ローマ』を見た

アルフォンソ・キュアロン監督、ヤリッツァ・アパリシオ主演の『ROMA/ローマ』を早稲田松竹で見ました。 この映画の配給はNetflixなので、この映画を見る手段ネット配信のみなのですが早稲田松竹のレイトショーでかかっていたので見てみました。アカデミー賞の発表の前後はイオンシネマなどでもかかっていたみたいですね。 1970年か…

続きを読むread more

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を見た

マイケル・ドハティ監督の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を見ました。 今回はキングギドラ、モスラ、ラドンも出てくるということで期待していました。ドラマ・パートは少なめという噂を聞いていましたが、けっこうドラマ・パートは多くて疲れました。 前回のゴジラから5年後の話。秘密機関モナークの古生物学者エマ・ラッセルはモスラの幼…

続きを読むread more

『バースデー・ワンダーランド』を見た

原恵一監督のアニメ映画『バースデー・ワンダーランド』を見てみました。 監督が原恵一で主役の声が松岡茉優ということしか知らない状態で見てみました。 小学生のアカネはクラスメイトとの人間関係にゴタゴタに巻き込まれて、学校をズル休みしてしまう。アカネの母特は特に文句を言うわけでも心配するわけでもなく、翌日のアカネの誕生日プレゼント…

続きを読むread more

『名探偵ピカチュウ』を見た

ロブ・レターマン監督の『名探偵ピカチュウ』を見ました。 ポケモンには全く興味はないのですが、実写映画で製作しているのがレジェンダリー・ピクチャーズでピカチュウの声がライアン・レイノルズというので見てみました。 レジェンダリー・ピクチャーズはギャレス・エドワーズ版『ゴジラ』、『ダークナイト』、『ウォッチメン』、『ハング・オーバ…

続きを読むread more

『バイス』を見た

アダム・マッケイ監督、クリスチャン・ベール主演の『バイス』を見ました。 この映画の主人公はジョージ・W・ブッシュ元大統領の副大統領だったディック・チェイニー。アメリカ大統領が主人公ではなく副大統領が主人公です。 名門イェール大学に入ったもの数ヶ月で中退、しかし恋人で後の奥さんに尻を叩かれて、なんと政界に潜り込み、ドナルド・ラ…

続きを読むread more

『ブラック・クランズマン』を見た

スパイク・リー監督、ジョン・デヴィッド・ワシントン主演の『ブラック・クランズマン』を見ました。 1979年、コロラド・スプリングスで黒人として初めて警官になったロン・ストールワースの最初の仕事は資料室係。やりがい見いだせない上に同僚の白人の人種差別的なふるまいにもイライラするロン・ストールワース。そんなとき、黒人指導者のクワメ・ト…

続きを読むread more

『グリーンブック』を見た

第91回アカデミー賞で作品賞など三部門で受賞したピーター・ファレリー監督、ヴィゴ・モーテンセン主演の『グリーンブック』を見ました。 舞台は1960年代のアメリカ、イタリア系の白人トニー・“リップ”・バレロンガが黒人のピアニストのドクター・ドン・シャーリーに運転手兼ボディーガードとして雇われ人種差別の激しい南部を演奏旅行するというお…

続きを読むread more

『ファースト・マン』を見た

デイミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリング主演の『ファースト・マン』を見ました。 1969年のアポロ・クリードじゃなくてアポロ11号による人類初の月面着陸を果たしたニール・アームストロング船長の姿を追ったドキュメンタリーみたいな劇映画でした。 デイミアン・チャゼルは『セッション』や『ラ・ラ・ランド』といった映画を撮ってい…

続きを読むread more

『ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー』を見た

ケヴィン・マクドナルド監督によるホイットニー・ヒューストンのドキュメンタリー映画『ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー』を見ました。 エリック・クラプトンのドキュメンタリー映画を見たときに予告を見て、これも見てみたいと思いました。ロックやすR&Bのバンドやミュージシャンの伝記映画やドキュメンタリー映画は大好きなもので。ホイット…

続きを読むread more

『クリード 炎の宿敵』を見た

マイケル・B・ジョーダン主演、スティーヴン・ケープル・Jr.監督の『クリード 炎の宿敵』を見ました。 ロッキー・シリーズのスピンオフの第二弾。ロッキーの宿敵で親友にだったアポロ・クリードの息子、アドニス・クリードはチャンピオンの座につき、ビアンカとも結婚し、子供もでき幸せの絶頂にあった。 そこに、かつて父アポロをリング上で殺した…

続きを読むread more

『シュガー・ラッシュ: オンライン』を見た

リッチ・ムーア監督のアニメ映画『シュガー・ラッシュ: オンライン』を見ました。 2013年公開の『シュガー・ラッシュ』の続編になります。前作で親友になったラルフとヴェネロペは相変わらずゲームの中で暮らしていました。ヴェネロペは自分が存在するレースゲーム「シュガー・ラッシュ」を完全に手の内に入れてしまって、新しいコースを走りたくなっ…

続きを読むread more

『アリー/ スター誕生』を見た

ブラッドリー・クーパー監督、レディー・ガガ主演の『アリーmy Love』じゃなくて『アリー/ スター誕生』を見ました。iMAXで。 人気のカントリー歌手のジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)はライブを終えた後にふらりと訪れたドラァグ・バーで歌っているアリー(レディー・ガガ)の歌声に才能を感じ、自分のライブでステージにアリー…

続きを読むread more

押井守の『シネマの神は細部に宿る』を読んだ

押井守の『シネマの神は細部に宿る』を読んでみました。 今回は映画ライターの渡辺麻紀が聞き役になっていて対談形式で動物、ファッション、ごはんなどの切り口で語っています。もちろん押井守のことなので映画に出てくる銃器、兵器などについても語っています。 押井守と言えば犬。なので1つの目のテーマは「動物」でバセットハウンドが出てくるバ…

続きを読むread more

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』を見た

エリック・クラプトのドキュメンタリー映画『エリック・クラプトン~12小節の人生~』を吉祥寺プラザで見ました。 エリック・クラプトンについては特別好きというわけではありませんが、有名所のアルバムは聞いていて、バイオグラフィーについてもそれなりに知っていました。なので予告を見たとき、『レイラ』や『ティアーズ・イン・ヘヴン』の誕生秘話に…

続きを読むread more

竹内まりやの『souvenir the movie』を見た

竹内まりやのライブ映像を編集した映画『souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~』を見ました。 今年は竹内まりやはデビュー40周年でこの映画はその記念だそうです。10月に山下達郎のライブを見に行ったときに山下達郎がこの映画につい語っていたので知りました。シングルもリリースされ…

続きを読むread more

『ボヘミアン・ラプソディ』を見た

ブライアン・シンガー監督、ラミ・マレック主演、クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』を見ました。 クイーンは特別好きなバンドではありませんがバンドやミュージシャンの伝記映画好きな私としては予告を見たときから楽しみにしていました。 この映画の企画が持ち上がった時、フレディ・マーキュリーはサシャ・バロン・コーエンが演じると…

続きを読むread more

『ブルース・ブラザース』を極音上映で見た

ジョン・ランディス監督、ジョン・ベルーシ、ダン・エクロイド主演の『ブルース・ブラザース』を立川シネマシティの極音上映で見てきました。 立川シネマシティでは『ソウルミュージックムービーフェス』という特集上映をやっていて、『ブルース・ブラザース』はそのオープニングを飾る上映でした。 『ブルース・ブラザース』は1980年の公開の伝…

続きを読むread more

『タクシー運転手 約束は海を越えて』

チャン・フン監督、ソン・ガンホ主演の韓国映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』を見ました。 『たまむすび』で町山智浩が紹介していたのを聞いたのはずいぶん前のようの気がします。今回なんとか飯田橋のギンレイホールで見ることができました。 舞台は1980年の韓国、クーデターによって政権を奪った全斗煥大統領は民主化運動の弾圧、野党…

続きを読むread more

『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』を見た

スティーヴン・スピルバーグ監督、メリル・ストリープ、トム・ハンクス主演の『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』を見ました。 ベトナム戦争中の1971年、ワシントン・ポストの女性社主キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)は株式公開の準備に追われていた。そんな中、ニューヨーク・タイムズが国防総省の機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ…

続きを読むread more

『RAW~少女のめざめ~』と『心と体と』を見た

早稲田松竹で『RAW~少女のめざめ~』と『心と体と』を見ました。 『RAW~少女のめざめ~』は以前に町山智浩がTBSラジオ『たまむすび』で紹介していたのを聞いていたのですが、ちょっと変わったホラー映画ということしか記憶にない状態で見ました。 ジュスティーヌという女の子が全寮制の獣医大学に入学して、先輩や実の姉から受ける理不尽…

続きを読むread more

『ラ・ラ・ランド』のサントラを聞いた

日本では2017年に公開されたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』のサントラを聞いてみました。 たまたま甲子園の慶応対中越のテレビ中継を見ていたら聞き覚えのあるメロデーをブラスバンドが演奏しているけど、何の曲かすぐには分からず自分の脳の中のShazamをフル回転してみたらどうも『ラ・ラ・ランド』のサントラの曲のようで、「ラ・ラ・ラン…

続きを読むread more

『女と男の観覧車』を見た

ウディ・アレン監督、ケイト・ウィンスレット主演の『女と男の観覧車』見ました。 『万引き家族』の安藤サクラの演技を褒めていたケイト・ブランシェットが主演かと思っていたらケイト・ウィンスレットの方でした。ウディ・アレンの映画をシネコンで見るのは初めてでした。最初に「Amazon Studios」のロゴが出てきたのには驚きました。ウディ…

続きを読むread more

『カメラを止めるな!』を見た

上田慎一郎監督の『カメラを止めるな!』を見ました。 東京MXテレビの『バラいろダンディ』で絶賛されていて気になっていた映画です。新宿K’s cinemaと池袋シネ・ロサでしか公開されていなくて、見るのが大変と聞いていましたが、7月13日からチネチッタでもやりはじめたので見ることができました。 低予算のゾンビ映画を撮影していた…

続きを読むread more

『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を見た

ジョナサン・デイトン監督、エマ・ストーン主演の『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』を見ました。 『アイ,トーニャ』に続いてスポーツ実話物の映画です。1973年に行われた女性テニス選手ビリー・ジーン・キングとかつての名男子テニス選手のボビー・リッグスとの試合を中心に描いた映画です。 全米テニス協会は次期トーナメントの女子の優勝賞金…

続きを読むread more

『宇宙人東京に現わる』を見た

川崎市市民ミュージアムの開館30周年記念『大映特撮映画特集』で『宇宙人東京に現わる』を見てきました。 『宇宙人東京に現わる』は1956年公開の島耕二の監督作品。島耕作ではありません。この映画についてはほぼ予備知識ゼロの状態でみました。ヒトデ型の宇宙人の姿がとにかく強烈です。 東京に謎の円盤の目撃情報が多発、さらにヒトデ型の宇…

続きを読むread more

『大魔神』を見た

川崎市市民ミュージアムの開館30周年記念で『大映特撮映画特集』をやっていたので『大魔神』を見てきました。 『大魔神』は安田公義監督による1964公開の作品です。映画の冒頭で大魔神が怒ったときの目のアップが映し出されました。『ブレードランナー』は『大魔神』が元ネタなのかと思いました。 時は戦国時代、大名の花房家は家老の大館左馬…

続きを読むread more

『万引き家族』を見た

是枝裕和監督、第71回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の『万引き家族』を見ました。 是枝裕和監督の映画は『空気人形』しか見たことがありませんでした。カンヌでパルムドールを獲ったということで見てみることにしました。 シネコンのでっかいスクリーンで安藤サクラやリリー・フランキーの裸を見るのがとても不思議な気分でした。リリー・フ…

続きを読むread more

『ブレードランナー』と『ブレードランナー 2049』を見た

ゴールデンウィークにネットで『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のMovieNEX ショートドラマを見ていたら早稲田松竹で『スター・ウォーズ』を見るシーンがあったんですよ。早稲田松竹ではまだ『スター・ウォーズ』をやっているのかと思って早稲田松竹に行ってみたら『ブレードランナー』と『ブレードランナー 2049』をやっていました。 本…

続きを読むread more