テーマ:落語

『落語教育委員会 夏スペシャル』を見に行った

7月21日に有楽町よみうりホールで行われた『落語教育委員会 夏スペシャル』を見に行ってきました。 落語教育委員会とは柳家喬太郎、三遊亭歌武蔵、柳家喜多八の三人による落語会でしたが、柳家喜多八が亡くなり、三遊亭兼好が新たに加わり落語会は継続しています。兼好が加わってからの落語教育委員会を見るのは2回目か3回目かと思います。 落…

続きを読むread more

ドラマ版『昭和元禄落語心中』を見た

NHKのドラマ10で放送されていた『昭和元禄落語心中』を見ました。 原作の漫画は2巻までしか読んだことがありません。アニメ版は見たことがありません。正直、それほど期待してはいませんでた。しかし、ドラマの世界に引き込まれ、心を揺さぶられてしまいました。 岡田将生が演じる有楽亭八雲は最初は少し、ハラハラしましたが幼少期から時系列…

続きを読むread more

春風亭一之輔の独演会を見に行った

12月13日に川崎市の高津市民館大ホールで行われた春風亭一之輔の独演会を見に行ってきました。 高津市民館は溝の口駅前のマルイの11階にありました。終演後はマルイは閉店していて、エレベーターが非常に混みました。 一之輔は三席演っていました。最後は師走なので『芝浜』でした。『芝浜』の前日譚で新作落語の『芝ノ浜縁初鰹』は以前に聞い…

続きを読むread more

立川志の輔独演会を見に行った

9月30日に町田市民ホールで行われた立川志の輔独演会を見に行ってきました。 志の輔は相変わらずチケットが取りにくい落語家ですね。23区内の落語会は成城ホールの立『あっぱれPLUS』以外はチケットがとれたためしがありません。町田市民ホールの落語会は比較的チケットが取りやすいみたいです。 今回は『茶の湯』と『帯久』の二席でした。…

続きを読むread more

『渋谷に福来たる SPECIAL 2018【春爛漫 志らく・兼好・一之輔三人会+】』を見に行った

4月14日に渋谷区文化総合センター大和田さくらホールで行われた『渋谷に福来たる SPECIAL 2018 【春爛漫 志らく・兼好・一之輔三人会+】』を見に行ってきました。 志らく、兼好、一之輔という組み合わがとても珍しかったので行ってみました。立川流、円一門、落語協会という組み合わせ。それぞれの落語会には行ったことはありますがこの…

続きを読むread more

『渋谷に福来たる SPECIAL 2018【春風亭昇太と仲間たちII】を見に行った

4月13日に渋谷区文化総合センター大和田さくらホールで行われた『渋谷に福来たる SPECIAL 2018 【春風亭昇太と仲間たちII】』を見に行ってきました。 出演は春風亭昇太、三遊亭白鳥、林家彦いち、三遊亭粋歌でした。ほぼ元SWAのメンバーですね。SWAの落語会は見に行ったことはありません。 前座による開口一番はなく昇太の…

続きを読むread more

『創作落語30周年記念リロード 白鳥ジャパン雪月花』を見た

三遊亭白鳥の独演会創作落語30周年記念リロード 白鳥ジャパン雪月花~200席の中からどれを?』を見に行ってきました。 会場が日本橋のCORED室町の5階にある日本橋三井ホールというところで新しくお洒落なホールで驚きました。 白鳥の独演会は過去に1回、さいたまスーパーアリーナの中にあるTOIROという施設で見たことがあります。…

続きを読むread more

『昭和元禄落語心中(1)』を読んだ

雲田はるこの『昭和元禄落語心中(1)』という漫画を読んでみました。 この漫画は落語をモチーフにした漫画で2010年に連載が始まり2016年に完結しているそうです。アニメにもなっているそうです。なんとなく名前は知っていましたが読んでいませんでした。たまたま図書館にあったので読んでみました。 『タイガー&ドラゴン』や『ちりとてち…

続きを読むread more

『落語教育委員会初夏スペシャル』を見に行った

6月24日、有楽町のよみうりホールで行なわれた『落語教育委員会初夏スペシャル』を見に行って来ました。 柳家喜多八が去年亡くなってしまったので、『落語教育委員会』はどうなってしまうのかと思っていたら、新メンバー三遊亭兼好を迎えて継続となりました。『落語教育委員会リローデッド』あるいは『『落語教育委員会リブート』と言った感じでした。 …

続きを読むread more

『春風亭一之輔 独演会第3弾CD発売記念』を見に行った

4月15日に東京グローブ座で行われた『春風亭一之輔 独演会第3弾CD発売記念』ミニってきました。 東京グローブ座は新大久保駅歩いて5分くらいの所にありました。新大久保と言えばコリアンタウンというイメージですがケバブ屋やインドカレー屋などもあり『無国籍ロマンス』という感じでした。 4月10日の『プロフェッショナル 仕事の流儀』…

続きを読むread more

『リビング落語会 今年最後の立川志らく独演会』を見に行った

有楽町のよみうりホールで行われた『リビング落語会 今年最後の立川志らく独演会』を見に行ってきました。 立川志らくの落語は生で何回か見ています。独演会を見るのは今回が初めてかと思っていましたが、去年ZAZEN BOYSをゲストに迎えた30周年記念の独演会を見ていました。 今回は特に前情報を入れていなかったのですが、年末だからも…

続きを読むread more

『こがねい落語特選 納涼 平成真打競演会』を見に行った

9月10日に宮地楽器ホールで行われた『こがねい落語特選 納涼 平成真打競演会』見に行ってきました。 出演は春風亭一之輔、柳家三三、立川談笑、古今亭菊之丞と開口一番の春風亭一猿。開演時間は13時だったのですが、前の週に見に行った『立川志らく・談笑 二人会』が13時30分だったので今回も13時30分と勝手に思い込んで宮地楽器ホールに1…

続きを読むread more

『立川志らく・談笑 二人会~江戸の風とイリュージョンのはざまに』を見に行った

9月3日、有楽町のよみうりホールで行われた『Tatekawa Blood 立川志らく・談笑 二人会~江戸の風とイリュージョンのはざまに』を見に行ってきました。 立川志らく・談笑が一席ずつ、中入り後に松岡ゆみこ、松岡慎太郎と志らく、談笑のトークショー、そしてバイオリン漫談のマグナム小林もあり盛りだくさんな構成でした。 開口一番…

続きを読むread more

『よってたかって新春らくご’16 21世紀スペシャル寄席』を見に行った

1月30日に有楽町のよみうりホールで行われた『よってたかって新春らくご’16 21世紀スペシャル寄席』を見に行ってきました。昼の部のみです。 出演は春風亭一之輔、柳家喬太郎、春風亭百栄、三遊亭白鳥の4人でした。高座に上がる順番も春風亭一之輔、柳家喬太郎、春風亭百栄、三遊亭白鳥の順番でした。一之輔と百栄の高座を生で見るのは今回が二回…

続きを読むread more

ドラマ『赤めだか』を見た

TBSで放送されたドラマ『赤めだか』を見ました。 立川談志に入門し、真打ちになるまでを描いた立川談春の原作を元にしたドラマです。原作は読んでいます。今年のかなり早い時期に二宮和也主演でドラマ化するという発表があったのも知っていました。正直なところ『スター・ウォーズ』よりも期待していました。 談志をビートたけし、志らくを濱田岳…

続きを読むread more

新生、大須演芸場に行ってみた

2014年2月3日に一旦、営業を終了し、2015年9月に営業を再開した名古屋にある大須演芸場に行ってみました。 中京競馬場で行われるチャンピオンズCを見に行こうと思い、さて大須演芸場はどうなってしまったのかとググってみたら、なんと営業を再開しているというので行ってみました。 ホームページもすっかり新しくなっていました。以前は…

続きを読むread more

『立川志らく 独演会 with ZAZEN BOYS』を見に行った

東京国際フォーラムホールCで行われた『立川志らく 三十周年記念 第四弾 立川志らく 独演会 with ZAZEN BOYS』を見に行ってきました。 eプラスの宣伝メールで立川志らくの独演会にZAZEN BOYSが出演するというのでチケットを取ってみました。ZAZEN BOYSを生で見てみたいのが第一にあり、志らくの三十周年記念と…

続きを読むread more

『特撰花形落語会 柳家喬太郎・柳家三三 二人会』を見に行った

6月13日に北千住のシアター1010で行われた『特撰花形落語会 柳家喬太郎・柳家三三 二人会』を見に行ってきました。 私が見たのは昼席で開演が12時30分で、北千住の駅に着いたらすでに12時25分を過ぎていました。シアター1010は駅からすぐですが、開口一番の三遊亭ふう丈の『たらちね』は始まっていました。ふう丈は三遊亭圓丈の弟子に…

続きを読むread more

春風亭昇太独演会を見に行った

4月26日に小金井宮地楽器ホールで行われた春風亭昇太の独演会に行ってきました。 チケットに会場は小金井市民交流センターと書いてありましたが、ホールの命名権が売り飛ばされために4月1日から小金井宮地楽器ホールになったようです。 前座はなく出囃子もなくアロハシャツにジーンズの昇太がいきなり登場し、オープニングトークが始ま…

続きを読むread more

立川志の輔の独演会を見に行った

5月29日に町田市民ホールで行われて立川志の輔の独演会を見に行ってきました。志の輔の落語を生で聞くのは二回目になります。 開演時間が18時30分でしたが、開演までに町田市民ホールに着くことができず、町田市民ホールについたのは18時55分くらいでした。前座も終わり志の輔がすでに高座に上がり、枕を話し始めたところでした。志の輔はなぜか…

続きを読むread more

『新春談笑ショー’14』を見に行った

1月14日に国立演芸場で行われた立川談笑の『新春談笑ショー’14』を見に行ってきました。 談笑を生で見るのは去年の2月以来となりました。出演者は談笑の他に三遊亭白鳥、スタンダップ・コメディの松元ヒロ、そして前座で談笑の弟子の笑二。 談笑は『堀の内』と『千早振る』の二席でした。『堀の内』は以前にも聞いたことがありましたが談笑の…

続きを読むread more

柳家喬太郎の『国民ヤミ年金』を聞いた

柳家喬太郎のCD『柳家喬太郎落語秘宝館 別館』に収録されている 『国民ヤミ年金』を聞いてみました。新作落語です。 詐欺や恐喝といった罪で収監されている男に、ある男が面会にやって来る。面会は刑務所の所長室で行われた。面会にやってきた男は政府関係者で収監されている男にある仕事を依頼する。刑務所を超法規的処置で出獄した男は安アパートに住…

続きを読むread more

『志の輔らくごあっぱれPLUS9』を見に行った

10月21日に成城ホールで行われた『志の輔らくごあっぱれPLUS9』を見に行いってきました。立川志の輔の落語を生で聞いたのはこれが初めてです。 成城学園前駅北口から成城石井の横を通って数分の所に成城ホールはありました。成城ホールは世田谷区役所の成城出張所の中にありました。ホールは国立演芸場を一回り大きくして、小ぎれいにした感じでし…

続きを読むread more

『It’s Show Time「ざぶとん」と「おたまじゃくし」』を聞いた

『It’s Show Time「ざぶとん」と「おたまじゃくし」』は春風亭昇太の落語家生活30周年を記念して2012年にリリースされたCDです。ちょっと落語のCDとは思えないタイトルですが、内容も普通の落語のCDとは違います。 オープニングテーマの 後には落語ではなく、『城好きの人』という昇太の歌が収録されています。昇太自身の作詞で…

続きを読むread more

『柳の家の三人会』を見に行った

柳家花緑、柳家喬太郎、柳家三三による『柳の家の三人会』を町田市民ホールまで見に行ってきました。 町田という街にほとんど土地勘がなかったので町田市民ホールまでの道程に少し戸惑いました。町田駅から歩いていくのにはちょっと距離があり、車で行くには近すぎるという絶妙な距離に町田市民ホールは存在します。喬太郎もマクラでこのことに触れていまし…

続きを読むread more

『第9回TOIRO寄席 三遊亭白鳥 独演会』を見に行った

さいたまスーパーアリーナの中のTOIROという施設で行われた『第9回TOIRO寄席 三遊亭白鳥 独演会』を見に行ってきました。 さいたまスーパーアリーナ行くのは初めてでした。人の数がけっこう多くて三遊亭白鳥は凄い人気なのかと思っていたら、その人だかりはさいたまスーパーアリーナでTMネットワークのライブがあるためでした。TMネットワ…

続きを読むread more

『第25回きたくなるまち区民寄席』を見に行った

4月14日、東京都北区の北トピアで行われた『第25回きたくなるまち区民寄席』を見に行って来ました。 春風亭昇太、11代目桂文治、三遊亭白鳥、三遊亭歌太郎、北見翼(和妻)が出演していました。春風亭昇太と三遊亭白鳥が見たくて北区の王子にある北トピアまで行ってきました。 春風亭昇太は『笑点』に出る前から高田文夫の『ラジオビバリー昼…

続きを読むread more

大須演芸場に行ってみた

名古屋にある伝説の演芸場、大須演芸場に行ってみました。 大須演芸場の存在を知ったのは大川興業総裁、大川豊の『金なら返せん!』で紹介されていたのを読んだことからです。客が大川総裁一人きりで、客よりも演者の方が多いという状態がレポートされていました。客が入らないので経営状態は当然悪いのですが、潰れそうになると神風が吹き、なんとか持ち直…

続きを読むread more

立川志ら乃の『談志亡き後の真打ち』を読んだ

『談志亡き後の真打ち』というタイトルの本ですが、立川志ら乃は談志の弟子ではなく志らくの弟子で、談志の孫弟子になります。 志ら乃が落語、立川談志、立川流の落語についてあーだ、こーだと苦悩し、師匠の志らくと対談したり、談笑と対談したりしている本です。春風亭小朝が『苦悩する落語』という本を書いていましたが、この本は『苦悩する落語家』とい…

続きを読むread more

『桂三枝の笑宇宙<01>』を聞いた

去年、六代目桂文枝を襲名した桂三枝の『桂三枝の笑宇宙&amp;lt;01&amp;gt;』を聞いてみました。 私にとって桂三枝はテレビの司会者、あるいはテレビタレントというイメージが強く、落語家という認識はほとんどありません。最近は「創作落語」という言葉が定着してきたようですが、桂三枝が「創作落語」を使い始めたような気がします。「新作落語」ではな…

続きを読むread more