テーマ:ガンダム

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN ララァとの出会い』を見た

NHKで放送されている『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の第7話『ララァとの出会い』を見ました。 前回からエンディング曲がコムアイの歌う『水の星へ愛をこめて』に変わりました。『水の星へ愛をこめて』は森口博子のデビュー曲で『機動戦士Ζガンダム』の後期オープニングテーマ曲。かなり意外な選曲でした。ドラムが入っていないアコーステ…

続きを読むread more

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 ジオンの子』を見た

NHKで放送が始まった『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』見てみました。 安彦良和が描いた漫画版の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は全部読んでします。アニメは全く見ていないので予備知識は全くない状態で見ました。漫画版をそのままアニメにしたものかと思ったら漫画版の『シャア・セイラ編』から始まったので少…

続きを読むread more

『機動戦士ガンダム サンダーボルト2』を聞いた

ジャズ・ミュージシャンの菊地成孔のプロデュースによる『機動戦士ガンダム サンダーボルト2』のサントラを聞いてみました。 「桑原あいのピアノもいいし、吉田沙良の歌もいいいけど、サンダーボルトにはやっぱ串本節だ。」と思わずにいられません。日本語の歌ものも何曲か入って1枚目に比べとバラエティに富んだサントラになっていて、いい意味でとっ散…

続きを読むread more

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のサントラを聞いた

菊地成孔が音楽を担当した『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のサントラを聞いてみました。今年のJR東日本のスタンプラリーがガンダムというのは関係ありません。 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のアニメの方はYouTubeで予告しかみたことがありません。菊地成孔のラジオを聞いていて『機動戦士ガンダム サンダーボルト』のサントラの特…

続きを読むread more

『ガンダムと日本人』を読んだ

『宇宙戦艦ヤマト』の実写版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』が話題になったりして、私も映画を見てみたりしましたが、いまひとつグッとくるものや熱くなることがありませんでした。おそらく、ヤマトよりもガンダムの方に思い入れがあるためだと思います。 私はガンダムに関する本についてはけっこう色々と読んでいて、『土田晃之のガンダムに…

続きを読むread more

『ジオン軍の失敗』を読んだ

この本はアニメ『機動戦士ガンダム』のジオン軍のモビルスーツ開発の失敗について書かれた本で、当然、ジュディ・オングの失敗について書かれた本ではありません。ちなみにジュディ・オング資料館は伊豆高原にあるそうです。 この本の著者の岡嶋裕史とは唯の「ガンヲタ」、アニメ関係のライターではなく関東外大学の准教授で専門はWebやネットワークのセ…

続きを読むread more

『土田晃之のガンダムにもの申す!』を読んだ

今年は『機動戦士ガンダム』の放送開始から30年だそうです。お台場には実物大のガンダムが立っているそうですね。ちなみに今年はアポロ11号の月面着陸からは40年だそうです。そんなわけで、お笑い芸人、土田晃之が書いた『土田晃之のガンダムにもの申す!』を読んでみました。 あとがきで土田晃之はこの本は「ガンダム本」ではなく「オ●ニー本」と書…

続きを読むread more

『機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 』を読んだ

大和田秀樹の漫画『機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 』を読んでみました。この漫画は『機動戦士ガンダム』のパロディの4コマ漫画です。『機動戦士ガンダム』の名場面のパロディやキャラクターの性格をかなり捻ったかたちで4コマ漫画が展開されていきます。 シャアはかなりとぼけたキャラクターに設定されていて、お約束通り「赤」と「ツノ」に異常に…

続きを読むread more

『犬ガンダム 地上編』を読んだ

唐沢なをきの漫画『犬ガンダム 地上編』を読んでみました。この漫画は『機動戦士ガンダム』のパロディというかギャグ漫画になっています。登場人物は全て犬になっています。モビルスーツは日本の民芸品というか土産物になっています。ガンダムは犬張子、ザクはベコ、グフは木彫りのクマだったりします。 ギャグ漫画ですがキャラクターやメカについては細か…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 17 ララァ編・前」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 17 ララァ編・前」を読んでみました。 この「ララァ編・前」は凄いです。劇場版「めぐりあい宇宙」と物語の流ればかりか、台詞までもがほぼ同じ。細かい部分の違いはあるにはあるのですが、漫画版としてのオリジナルな物語はありません。「めぐりあい宇宙」との細かい違いを見つけることが、この「ララァ編・前…

続きを読むread more

「TV版 機動戦士ガンダム 総音楽集」を聞く

「TV版 機動戦士ガンダム 総音楽集」を聞いてみました。 今年は「機動戦士ガンダム」の放送開始から30年になります。そこで、というわけではありませんが、「TV版 機動戦士ガンダム 総音楽集」というCDを聞いてみました。TBSの「サンデージャポン」でTV版のガンダムのBGMがかなりの頻度で使われているので、前から気になっていてたとい…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編・後」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編・後」を読んでみました。 この巻の表紙はマ・クベとギャンになつています。この表紙を見て、オデッサ編でギャンというのは少々違和感がありました。読んでみると違和感はもっと大きくなりました。 この巻はエピソードを詰め込め過ぎた感じがします。ガンダム対シャア・ザク、ガンダム対黒…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前」を読んでみました。 しばらくホワイト・ベースを中心にしたアニメの話の流れからはずれて、ジオン公国の建国~「1年戦争」開戦~ルウム戦役という漫画版のオリジナルの話が続いていたのが、この巻からホワイト・ベースの話に戻ります。 テレビ版のアニメでは「復活のシャア」、「女…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN(14)ルウム編・後」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN(14)ルウム編・後」を読んでみました。 連邦のティアンムとドズルの艦隊戦からこの巻は始まります。予定通りとはいえ劣勢のドズルは涙目になっています。ムサイ級のイオージマという巡洋艦が撃沈されていますが、現在のアメリカ第2艦隊にはイオー・ジマという強襲揚陸艦が実在します。この巻の中盤ではガルマは…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (13)ルウム編・前」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (13)ルウム編・前」を読んでみました。 この巻はいきなりギレンのテレビ演説から始まります。そして、ジオンのブリティッシュ作戦(コロニー落し)、そしてルウム戦役の戦端が開かれまでが描かれています。表紙は敬礼するシャアと赤いザクですが、シャアのヘルメットには角はなく、ザクには角があります。 …

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (12)開戦編・後」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (12) 開戦編・後」を読んでみました。 この巻の表紙は旧ザクをバックに左手を上げて演説をしているようなギレンが描かれています。派手な表紙なのですが、この巻で描かれる開戦当時の戦闘はこの表紙に反して非常に淡白です。実際の開戦のシーンはサイド7でのアムロとフラウの日常の描写の中に挟まるかたちで…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (11)開戦編・前」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (11)開戦編・前」を読んでみました。 この巻はシャアとガルマの士官学校時代のエピソードを中心に描かれています。坊やのガルマと優秀なシャアとの対比が徹底されています。ガルマはなんとか士官学校を首席で卒業するのですが、わざとシャアが譲ってくれたんじゃないかとシャア自身に聞くシーンがあり、シャア…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (10)」シャア・セイラ編・後」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (10)」シャア・セイラ編・後」を読んでみました。 この巻は前巻に引き続き、1年戦争開戦前の漫画版のオリジナルストーリーになっています。この巻の見どころはシャア(キャスバル)の2つ目名前が明らかになるところと、シャア(キャスバル)がジオンの士官学校に潜入するところだと私は思いました。15歳の…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (9)シャア・セイラ編・前」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (9)シャア・セイラ編・前」を読んでみました。 この巻は完全に漫画版としてのオリジナルの話が中心になります。最初の章だけジャブローでスレッガーの部隊がホワイトベースに乗り込むところが描かれています。この章の部分は前の巻にまとめておいた方が良かったと思います。 オリジナルの話はサイド3・…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(8)」読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (8)ジャブロー編・後」を読んでみました。 この巻はTV版では「ジャブローに散る!」と「小さな防衛線」にあたる部分なのですが、劇場版のような話に流れになっています。とは言ってもガルシア・ロメオ少将がジオン軍の総大将だったり、スレッガーがGMで出撃したりと細かい部分はかなりアニメ版とは違います…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(7)」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (7)ジャブロー編・前」を読んでみました。 この巻はTV版ですと「激闘は憎しみ深く」から「迫撃! トリプル・ドム」にあたりますが、かなりオリジナルな展開になっているので、TV版とも劇場版ともかなり話の流れに違いがあります。 表紙のドムがいいですね。重モビルスーツのドムは武蔵坊弁慶という…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (6) 」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (6)ランパ・ラル編・後」を読んでみました。 この巻ではTVシリーズの「ランバ・ラル特攻!」と「死闘! ホワイト・ベース」の部分が描かれています。TVシリーズの2話分ですが、変更や追加が多く、濃い内容になっています。 話の流れはほぼアニメ版と同じです。アムロが食事をしているところにラン…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(5)」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (5)ランパ・ラル編・前」を読んでみました。 TVシリーズの「ジオンの脅威」から「アムロ脱走」あたりまでが描かれています。しかし、かなりオリジナルな展開が 間にあるためアニメとは印象違います。「時間よ、とまれ」や「ククルス・ドアンの島」は劇場版と同様にカットされています。その代りにカラカス…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (4)」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (4)ガルマ編・後」を読んでみました。 この3巻はTV版では「再会、母よ…」と「ガルマ 散る」の部分にあたります。今回のアニメとの大きな違いは、冒頭の海辺でくつろぐミライとセイラが水着ではないところですね。この変更はかなりショックでした。その代りは知りませんが、フラウ・ボウが下着姿でカツ・レ…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (3)」を読んだ

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (3)ガルマ編・前」を読んでみました。 この3巻では地球に降りてきたホワイトベースとガルマの部隊との物語が描かれています。TV版では「ガルマ出撃す」から「翔べ! ガンダム」あたりになります。劇場版ではカットされていた「戦場は荒野」のエピソードが入っていたりします。私はTV版のDVDは見ていな…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) 」を読んだ

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の第2巻「激闘編」を読んでみました。 1巻が「始動編」で2巻が「激闘編」というタイトルのつけかたは、なんだか昔の「スーパージョッキー」でやっていた「 THEガンバルマン」の総集編や「社会派くんがゆく!」のタイトルを私は連想してしまいます。 2巻の表紙はシャアとシャア専用ザクです。しか…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1)」を読んだ

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1)始動編 」を読んでみました。 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」はご存じのとおりアニメの「機動戦士ガンダム」を安彦良和が漫画として描いてるもので、2001年からガンダムエース」で連載されていて、まだ完結していないそうです。 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1…

続きを読むread more

「GUNDAM SINGLES HISTORY」を聞いた

「GUNDAM SINGLES HISTORY」を聞いてみました。 このアルバムは機動戦士ガンダム~機動戦士Ζガンダム~機動戦士ガンダムΖΖのシングルで発売された音源をまとめたものです。 ガンダムシリーズは第1作目の機動戦士ガンダムが作られてから30年以上たち、今でも新作が作られているわけで、アニメという範疇を超えてある意味…

続きを読むread more

「評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 下巻」を読む

「評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 下巻」を読んでみました。 上巻に引き続きΖガンダム~逆襲のシャアの物語がシャアにスポットライトをあてて語られています。シャアについて語っているのでシャアが本編に登場しないガンダムΖΖにはついてはあまり触れられていません。 私はΖガンダム~逆襲のシャアをしっかりと見たことがなかった…

続きを読むread more

「機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版」を見る

ガンダムの2作目の劇場版、「機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版」を改めて見てみました。 最初に画面に登場するのがマ・クベというのがいいですね。声優が塩沢兼人さんじゃないのが残念ですが。映画版はマ・クベの登場シーンが少なくてかなり残念ですね。「いい音色だろ?」と北宋の壷を指ではじく場面は私にとっては名場面なのですが、「め…

続きを読むread more