テーマ:事件

ピエール瀧の逮捕について

3月13日、朝起きてTwitterを見たら「新井浩文とピエール瀧がいない日本映画」みたいなツィートがあって、調べみたらピエール瀧がコカイン使用で逮捕ということを知りました。 薬物使用で逮捕されるなら石野卓球の方だと思っていたらピエール瀧の方だったのが意外でした。ピエール瀧が逮捕されるなら暴行、脅迫あたりかと思っていました。 …

続きを読むread more

『毒婦。-木嶋佳苗100日裁判傍聴記-』を読んだ

北原みのりの『毒婦。-木嶋佳苗100日裁判傍聴記-』を読んでみました。私が読んだのは文庫版の方で2013年に出版されてものです。 漫画家の鳥飼茜が『5時に夢』にゲストで出ていたときにこの本を紹介しているのを見て読んでみようと思いました。 木嶋佳苗のこの事件が発覚したのが2009年で9月25日に木嶋佳苗は逮捕さていました。当時…

続きを読むread more

『なぜ家族は殺し合ったのか』を読んだ

佐木隆三の『なぜ家族は殺し合ったのか』を読んでみました。 この本は2002年に発覚した北九州監禁殺人事件について書かれたものです。この事件についてはニュースやワイドショーで事件の概要については知っていました。映画『冷たい熱帯魚』のネットのレビューを見ていると、北九州監禁殺人事件も映像化して欲しいという書き込みがあったので興味を持ち…

続きを読むread more

『共犯者』を読んだ

山崎永幸の『共犯者』を読んでみました。 山崎永幸の『共犯者』と言っても何のことかさっぱり分からないかと思う方もいらっしゃるかと思います。この本は園子温監督の『冷たい熱帯魚』のモチーフとなった埼玉愛犬家愛犬家殺人事件について書かれた本なのです。山崎永幸は関根元の共犯者。『冷たい熱帯魚』では吹越満が演じる社本のことです。 宇多丸…

続きを読むread more

映画館でポップコーンを大音量で食べていた男性が射殺される

Gigazine.netによりますと、ラトラトビアの首都・リガにあるシネマコンプレックスで、『ブラック・スワン』の上映中にポップコーンを大きな音を立てて食べ続けていた男性が、劇場内で射殺されたそうな。 『ブラック・スワン』はナタリー・ポートマン演じるバレリーナに試練が降りかかり、追い詰められていく過程を克明に描いた心理劇で、アカデ…

続きを読むread more

筋肉質の体育会系男子が好き、日体大生のシャツを盗んだ男を追送検

YOMIURI ONLINEによりますと、神奈川県警青葉署は20日、日本体育大学の男子学生の衣類を繰り返し盗んでいたとして、横浜市青葉区すみよし台、アルバイト三田宗広被告(24)を窃盗容疑で横浜地検に追送検したそうな。 三田被告は2008年9月~09年11月に同じアパートに住む日体大サッカー部の男子学生(21)の部屋に計約10回侵…

続きを読むread more

『死刑でいいです --- 孤立が生んだ二つの殺人』を読んだ

この本は2002年7月、山口で母親を金属バットで殴打、殺害し、2005年11月、大阪のマンションで二人の姉妹をナイフで殺害したうえに火を放った山地悠紀夫について書かれた本です。山地悠紀夫に対しては2009年の7月28日に死刑が執行されています。 二つの殺人事件はどうして起こったのか、山地悠紀夫とはどんな人間だったのか共同通信の記者…

続きを読むread more

『競馬裏事件史 これが真相だ!! 』を読んだ

今回、私が読んだのは2004年に別冊宝島で発売されたものを2005年に文庫化したものです。 90年代は馬券を買ったり、競馬を見たりしていたので別冊宝島の『競馬読本』シリーズはよく読んでいましたが、最近は競馬から遠ざかっていたので、久しぶりに宝島の競馬の本を読みました。 この本はジョッキー、オーナー、サイヤーライン、レースシー…

続きを読むread more

『アキバ通り魔事件をどう読むか!?』を読んだ

秋葉原通り魔事件からそろそろ1年が経とうとしていますが、裁判まだ始まっていませんね。去年の10月10日に起訴はされているそうですね。去年の10月10日の起訴ということなのでこの裁判には裁判員制度は適用されませんね。少し残念ですね。 『アキバ通り魔事件をどう読むか!?』は去年の8月に発売された本で、25人の学者、ジャーナリストなどの…

続きを読むread more

最高裁が林真須美被告の上告棄却、死刑確定へ

YOMIURI ONLINEによりますと、1998年に4人が死亡した和歌山市の毒物カレー事件で殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた元保険外交員・林真須美被告(47)の上告審判決が21日、最高裁第3小法廷であり、那須弘平裁判長は、「食物に毒物を混入した無差別の大量殺傷は極めて悪質で卑劣、残忍。社会に与えた衝撃も甚大で、死刑を是認…

続きを読むread more

厚生省元次官連続襲撃事件について考える

18日に起きた、厚生省元事務次官に対する連続襲撃事件について色々と考えてみました。 YOMIURI ONLINEでは「元次官宅連続テロ 一覧」 という特集が組まれています。この事件は本当にテロなんでしょうか?容疑者は全く別人で動機も違うという可能性はないのでしょうか?私はこの事件はテロではないと思いた気持ちがあります。 TB…

続きを読むread more

唐沢俊一の「猟奇の社怪史」を読んだ

実の母親を殺害し、首を切りカバンに入れて持ち歩いてた少年の事件や夫を殺害し遺体をバラバラにして渋谷や新宿の路上に捨てたり、そんな猟奇的な事件や凶悪な事件が毎日のようにテレビのニュースやワイドショー、新聞や雑誌で報じられる今日この頃で、全く人の心は年々というか日々荒んでいってるような気がしませんか?でも、安心してください現代で起こっている…

続きを読むread more

刑務所に入ろうと思い、ラブホで無銭宿泊

伊勢新聞によりますと、四日市南署は十日、詐欺(無銭宿泊)の現行犯で本籍四日市市、住所不定、無職谷岡由雅容疑者(24)を逮捕したそうな。調べでは、谷岡容疑者は同日午前七時二十分ごろから午後三時五十分ごろまでの間、小銭しか所持していないにもかかわらず、四日市市西新地のラブホテルを一人で利用し、休憩料金やオムライス、ジュースなどの代金計約一万…

続きを読むread more

「ミュンヘン」を見た

スティーヴン・スピルバーグ制作、監督の「ミュンヘン」を見てきました。 イスラエルとパレスチナの問題は現在も解決していないし、解決するめども立っていない現在の時点で34年前の事件を映画にしてしまうのはやっぱり無理があると思いました。ユダヤ系のスピルバーグとしては「問題提起」でこの映画を作った思うのですが、私の感想としては中途半端なも…

続きを読むread more

中村うさぎの「女という病」を読んだ

中村うさぎが最近の女性が加害者、被害者となった事件を中村うさぎの妄想でプロファイリングした本。「穴があったら、落っこちたい!」でも同じ様に事件について書いていたが、今回は「女の事件」に完全に対象を絞っています。「女の事件」と書いたら「女ののど自慢」や「独占 女の60分」を思い出してしまいました。この本は「まえがき」と「あとがき」で小難し…

続きを読むread more

無銭ボウリング11時間の男、逮捕

暮れも押し迫ってきて、物騒な事件もちらほら起こる今日この頃ですが、実に面白いB級なニュースです。 11時間、48ゲーム、ボウリングをやり続け、金を払わなかったために60歳の男は逮捕されてしまったわけですが、11時間、48ゲームぶっとおしでスコアは平均約150というのが立派ですな。機械が48ゲームで自動的に止る設定になっていたために…

続きを読むread more

私の彼はニセパイロット

携帯の出会い系サイトでパイロットと偽った男と3年間付き合った女性が男を訴えて、勝訴したというニュース。 大沢晃裁判官は「女性は結婚を夢見ていたが、27歳から3年間の人生における重要な時期を被告のためにいたずらに費やした」として350万円の支払いを命じた。この判決もどうかなって思うけど、3年間が350万の女と考えると哀れだな。1日にする…

続きを読むread more

NHK放火記者のHP「笠松ワールド」

ついにNHKの不祥事は放火魔まで登場してしまいましたね。しかし、この笠松裕史という容疑者はなんとも情けない人間ですな。連続放火はもちろん重罪ですが、学生時代に作ったHPのお粗末な内容まで暴かれてしまってます。このHPの内容もある意味、不祥事ですね。 Googleで調べてもキャッシュしか出てきませんがZAKZAKに出ているプロフィー…

続きを読むread more

母に毒薬

さすがにこの女子高生については2ちゃんでも「萌え」という反応はあまりないようです。確かにまとめサイトなどでこの容疑者のブログを読むと腐女子のようなオタク臭さが漂っているし、理系の女への対応というのは得てしてこういうものなのでしょう。 なんというかマッドサイエンティストですな。なりそこないマッドサイエンティストか。自分の産みの母親さ…

続きを読むread more

エイベックス脅迫書き込みの容疑者逮捕

やっと捕まりましたねぇ、エイベックスへの殺人予告の容疑者。別件逮捕というのが、ちよっと怪しいですが、まぁ容疑者が逮捕されてとりあえずは、良かったような気がします。 私は永遠に殺人予告の容疑者は捕まらないんじゃないかと思っていたのに、ここに来て急展開、そして一件落着とは、いかないと思います。この逮捕のニュースは新たな燃料投下としかな…

続きを読むread more

11歳長女にビール400箱万引きさせた夫婦

この記事、と言うかタイトルを読んで最初に頭に浮かんだのは「あびる優」ですな。家族そろってあびる優という感じ。 何度読んでも呆れる内容ですな。生活保護を受けていて、その金をギャンブルにつぎ込み、金が無くなったら盗む。全く救いようがない。夫婦はもちろん、11歳長女もこの先まともに育つようには思えない。 ビール400箱を盗むのには…

続きを読むread more