0コメント

第39回 ジャパンカップを見に行った

東京競馬場にジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞ディープインパクトメモリアル ジャパンカップを見に行ってきました。

レースはダイワキャグニーが逃げて2番手にダンビュライト、その後ろにエタリオウ、カレンブーケドールが続き、好位の後ろにワグネリアン、スワーヴリチャードが構える展開で1000メートル通過は1分00秒3。直線を向いてカレンブーケドールが外からダイワキャグニーを捉えにかかると残り300メートルを切ったあたりでスワーヴリチャードが最内を突いてカレンブーケドールを交わし3/4馬身の差を着けてい優勝しました。勝ちタイムは2分25秒9、3着はワグネリアン。

前日は1日中雨で、ジャパンカップ当日は雨は上がっていましたが、馬場状態は重までしか回復しませんでした。

ディープインパクトメモリアルという副題が付いていたのに、ディープインパクト産駒は2、3着で勝ったのハーツクライ産駒のスワーヴリチャード。友道厩舎は5頭出しで3~5着。その3~5着のオーナーは金子真人ホールディングス。

39回目にして外国馬の出走がなくなったてしまったジャパンカップ。でも外国人が騎手は7人乗っていて、勝ったスワーヴリチャードに乗っていたのはオイシン・マーフィー。カレンブーケドールはまたしてもGⅠ2着。ジャパンカップで1枠1番が馬券に絡んだのは6年連続だそうです。シルバーコレクターはエタリオウからカレンブーケドールに代替わりしたよです。最後方から追い込んで4着に突こんだマカヒキには驚きました。そして川田将雅の乗る馬はまた勝てませんでした。

馬券はワグネリアン、ムイトオブリガード、レイデオロ、ルックトゥワイスの馬連を中心に、ムイトオブリガード、ルックトゥワイス、エタリオウの単複も少々買っていました。最後にスワーヴリチャードとワグネリアンの馬連も買い足したら1着3着。

3レースの2歳未勝利戦で石川裕紀人の乗るマイネルミンドールは残り200メートルくらいからライアン・ムーアの乗るロードオマージュと一騎打ちとなりマイネルミンドールアタマ差凌いで先頭でゴール。ゴール直後にライアン・ムーアはバランスを崩して落馬、しかし、ライアン・ムーアは体を丸めて内ラチの方転がり大事に至らずこの後も騎乗を続けました。ライアン・ムーアの身体能力の凄さを改めて感じたシーンでした。

京阪杯はライトオンキューが中断から直線で一気に突き抜けて初重賞勝ちを決めていました。2着はアイラブテーラーで3着はカラクレナイ。モズスーパーフレアは逃げ潰れて8着ファンタジスト3コーナーで急性心不全を発症し転倒、そのまま亡くなってしまいました。。先週マイルCSを勝ったインディチャンプの半妹のアウィルアウェイは4着。サトノダイヤモンドの半妹リナーテは5着。アイラブテーラーはトーセンラー産駒なんですね。来年はのマイルCSに出てきたら面白そうと思ったけど2024年までマイルCSは京都競馬場で行われないですね。


IMG_2290.JPG東京競馬場

"第39回 ジャパンカップを見に行った" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。