0コメント

ここのアクセスランキング 2017

大晦日なので今年のこのブログのアクセスランキングが紹介していきたいと思います。

1位 山下達郎の『PERFORMANCE 2017』を見…

2位 岡村靖幸の2017 SPRINGツアー「ROMAN…

3位 『CHOICE BY 堀込泰行』を聞いた

4位 原田知世の『恋愛小説2 若葉のころ』を聞いた

5位 ガンズ・アンド・ローゼズのライブを見に行った

6位 『最も危険なアメリカ映画』を読んだ

7位 クレイジーケンバンド結成20周年記念スペシャルライ…

8位 『国民の叔母 清水ミチコのひとりジャンボリー』を見…

9位  ミホノブルボンが死亡

10位 『ワンダーウーマン』を見た

音楽ネタ7本、映画ネタ2本、競馬ネタ1本というかなり偏った内訳になりました。

音楽ネタ7本のうち5本がライブの感想です。5本のライブ全てが印象深いものがありました、岡村靖幸、クレイジーケンバンド、ガンズ・アンド・ローゼズのライブは初めて見たので特に思い出に残りました。

残念だったのはウォルター・ベッカーが亡くってしまって、その影響なのかドナルド・フェイゲンの来日が中止になってしまったことです。もうスティーリー・ダンとしての新譜を聞くこともライブも見ることができなくなってしまいました。ドナルドはドナルドでもトランプの方は来日していました。

『CHOICE BY 堀込泰行』も面白いアルバムでした。このアルバムは洋楽のカバー・アルバムです。堀込泰行はのん(a.k.a.能年玲奈)との絡みでちょっとした話題にもなっていました。『エイリアンズ』がCMで流れてくるなんてしかもCMキャラクターはのんという組合せだなんて凄い衝撃でした。

『最も危険なアメリカ映画』は面白い本でした。高橋ヨシキ『暗黒ディズニー入門』をセットで読むとモアベターかと思います。ちなみにネイト・パーカー監督の2016年公開の『バース・オブ・ネイション』は日本では劇場未公開でDVDも発売されていません。

競馬ネタではミホノブルボンの死について書いたものが一番アクセスが多かったようです。ミホノブルボンは1991年のダービーを逃げ切った馬。今年の有馬記念はキタサンブラックが逃げ切り、東京大賞典はコパノリッキーが逃げ切ったのは何かの因縁でしょうか。

『ワンダーウーマン』はどんな映画か忘れてしまいました。今年見た映画で印象深かったのは『ベイビードライバー』と『ブレードランナー2049』ですかね。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』はELOの『Mr. Blue Sky』で始まり、パーラメントの『Flash Light』で終わるという自分にとっては夢の様な映画でした。

そんなこんなで2017年も暮れていくわけですが、今年もこのブログを覗いてくれた人たち、わざわざコメントをくれた人たちに感謝いたします。来年もだらだらと続いていくと思うので暇な時は覗いてあげてください

COME ALONG 3

"ここのアクセスランキング 2017" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: