0コメント

朝ドラ『ごちそうさん』視聴率、『あまちゃん』初回上回る

YOMIURI ONLINEによりますと、9月30日に始まったNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の初回平均視聴率が、関東地区で22.0%だったことが1日、ビデオリサーチ社の調べで分かったそうな。

ブームを巻き起こした前作『あまちゃん』の初回(20.1%)を上回ったそうな。初回で22%以上を記録したのは、2003年の『こころ』以来だそうな。

『ごちそうさん』の初回の視聴者の4分の1くらいは『あまちゃん』がまだやっているつもりでチャンネルを思わず合わせてしまったような気がします。

明治を舞台にヒロインの幼少時代からスタートした『ごちそうさん』は20年くらい前の朝ドラみたいで『あまちゃん』とは違いオーソドックスな朝ドラという感じです。

『ごちそうさん』というタイトルなので食べ物がモチーフになっているドラマです。1話目で調理するシーンがスーパースローで流れたり、ヒロイン(子供)が食べ物を食べるシーンがやたらに出てくる所はテレ東で放送されていた『食べるダケ』を思い出します。このドラマのヒロインは食べるダケの女ではなく、食べさせる女でもあるようです。ドラマの最初のシーンは終戦直後の焼け野原の大阪で杏が子供たちに食べ物を振る舞うところから始まりました。

子供たちは本当に汚い格好をしているのに杏は顔も服も汚れていないのが不思議でした。『梅ちゃん先生』の終戦直後の堀北真希も服には汚れがなかった気がします。大河ドラマ『平清盛』で北条政子を演じていたときの杏は最初の登場シーンでかなり汚い身なりをしていた記憶があります。

『ごちそうさん』の音楽は菅野よう子が担当しています。『∀ガンダム』、『攻殻機動隊 S.A.C.』などのアニメの音楽をやる人というイメージが強いですね。ちなみに『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』をはじめてして押井守のアニメの音楽をよくやっている川井憲次は『梅ちゃん先生』の音楽をやっていました。

杏の相手役の西門悠太郎は東出昌大が演じます。東出昌大は『あまちゃん』で杉本哲太の若いときを演じていました。東出昌大は『桐島、部活やめるってよ』の菊池宏樹役が印象的でした。『あまちゃん』は大人計画所属の役者がたくさん出ていましたが、橋本愛、東出昌大はをはじめとする『桐島、部活やめるってよ』もやたらに出ていました。
『あまちゃん』が終わって「あまロス症候群」云々という話題が週刊誌など言われています。そんな中、関東では『タイガー&ドラゴン』の再放送をやっています。昨日は『茶の湯』で大森南朋(モデルは藤原ヒロシかNIGO®)が出ていました。大森南朋と蒼井優の絡みはありませんでした。『明烏』のゲストには多重債務者の役で薬師丸ひろ子が出ていました。『出来心』のゲストは警官役で高岡蒼佑出ています。ちなみにみのもんたの次男は「出来心で盗んだ」と窃盗容疑を認め始めたそうです。

連続テレビ小説 ごちそうさん Part1 (NHKドラマ・ガイド)

"朝ドラ『ごちそうさん』視聴率、『あまちゃん』初回上回る" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: