0コメント

島田紳助さん芸能界引退、そなアホな!

YOMIURI ONLINEによりますと、人気タレントの島田紳助さん(55)が23日深夜、所属する吉本興業の東京本部で記者会見し、暴力団関係者と親密な交際をしていたことを理由に、同日限りで芸能活動を引退することを明らかにしたそうな。

記者会見には水谷暢宏・よしもとクリエイティブ・エージェンシー社長が同席した。同社などによると、島田さんが、未公開株売買を巡り恐喝未遂罪に問われている元プロボクシング世界王者・渡辺二郎被告(56)(大阪高裁で実刑判決を受け、上告中)と携帯電話のメールをやり取りしていたことが判明。通信記録からは、2005年6月頃から07年6月頃まで暴力団関係者との親密な交際ぶりをうかがわせる内容が含まれていたそうな。

記者会見の模様を見ましたが、「なんでこの程度の事が問題にならなければならないのか?」と島田紳助さんは言いたいように見えました。メールのやり取りと何回か会ったことだけが本当に問題だったのでしょうか?表にできない事情が色々あるように思えます。来週以降の週刊誌に有ること無いこと書かれるのでしょう。しかし、メールの相手が渡辺二郎って、やっぱりまずいですね。

24時間テレビで徳光和夫さんがゴールした後の島田さんの表情が今にして思えば、非常に硬かった様な気がします。吉本興業の幹部に呼ばれたのは24時間テレビの後と会見では語っていました。

会見途中から島田さんが今までの芸能生活を振り返るといった感じの独演会になっていたところがさすがでしたね。上岡龍太郎が芸能界を引退したのが55歳で島田さんも、偶然55歳で引退する事となったこと語っていたのが非常に印象的でした。

漫才ブームで紳助竜介で登場したときは、正直それほど面白いとは感じませんでした。『ひょうきん族』では「ひょうきんプロレス」や「ひょうきんベストテン」の司会が記憶に残っています。この頃はビートたけし、明石家さんまとの差はかなりありました。2代目ひょうきんアナウンサーだった長野智子アナは今では報道番組を担当していたりしますね。

私が一番印象深いのは上岡龍太郎と一緒にやっていた大阪から『EXテレビ』です。あの番組でやっていたクイズの企画はその後にいくつかゴールデタイムでもやっていた記憶があります。

今では見ていませんが、『なんでも鑑定団』も印象深いですね。テレ東のバラエティ番組であそこまで成功させたのは凄いですね。会見は22時だったので、『なんでも鑑定団』は普通に放送されていました。これからレギュラー番組はどうなるんでしょうかね?

今年になって初めて見た井筒和幸監督の『ガキ帝国』も良かったですね。「ビール一本!」という唐突なエンディングが今回の引退宣言に重なるような気もしました。あのラストシーンには島田さんは写っていませんが。

坂本龍一と忌野清志郎の『い・け・な・いルージュマジック』のパロディ『い・け・な・い・お化粧マジック』を明石家さんまと歌っていたのも忘れられせん。


"島田紳助さん芸能界引退、そなアホな!" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: