0コメント

You Tubeがワーナーと提携、無料配信へ

サンスポによりますと、人気急上昇中の動画投稿サイトを運営するYou Tube(ユーチューブ)は18日、米音楽産業大手ワーナー・ミュージック・グループと提携し、ワーナーが持つミュージック・ビデオをユーチューブで無料配信すると発表したそうな。You Tubeには人気歌手などのビデオが無断で投稿され、著作権侵害と問題視されてきたが、この配信契約により利用者はワーナーのビデオを合法的に鑑賞、ダウンロードもできるようになるそうな。

ワーナーも思い切ったことをするものですね。私のイメージではワーナーはかつてプリンスやブーツィー・コリンズ、ZAPPがいたレコード会社といったところですね。メジャーのレコード会社の中ではファンクに割りと理解のある会社のような気がしてました。現在はグリーン・デイ 、クラプトンなどが在籍しているようですな。ワーナーは映画の方もYou Tubeと提携して、無料配信してくれたら嬉しいな。You Tubeがワーナーを買収でもしなければ無理な話ですが。

「グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する」という本を最近読んだのですが、その本によるとGoogleがネットだけでなくリアルな世の中を牛耳るときが来るのではないかと書いてあったのですが、意外とGoogleの次にネットの地図を塗り替えるのはYou Tubeなのではないかとちょっとだけ私は思います。

と言いつつも最近はあまり私はYou Tubeは利用していません。動画のアップロード時間に制限がかかる前の方がやはり面白かったですね。NHK教育でやっていた「YOU」にYMOがゲストで出たときのファイル丸々アップされていたのには驚きました。

You Tubeの面白さはロングテールというよりは、現在ではソフト化が不可能な動画があったりすることですね。ウルトラセブンのスペル星人の回もアップされていたのを見たことがあります。そのうち「トップキャスター」の第3話「恋愛運ゼロの逆襲」もアップされるのではないでしょうか。で、検索してみたら第3話「恋愛運ゼロの逆襲」はなかったのですが中国語らしきし字幕がついた「トップキャスター」のファイルが見つかりました。

"You Tubeがワーナーと提携、無料配信へ" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: