0コメント

ゲームポット、ハードディスクの紛失で6万4000人分のユーザー情報流出?

YOMIURI ONLINEによりますと、携帯電話向けコンテンツ(情報内容)やシステムを開発するアエリア(東京)は29日、同社が管理するサーバー内からハードディスク30台がなくなり、最大で延べ約6万4000人分の氏名や住所、メールアドレスなど個人情報が流出した可能性があると発表したそうな。

アエリアによりますと、紛失したのは、オンラインゲームを運営する子会社ゲームポットのゲーム利用者の個人情報で、ゲームポットは、ハードディスクが盗まれた可能性があるとみて同日、警察に被害届を提出した。クレジットカード番号など決済に関する情報は含まれていないそうな。

Winnyやshareによる情報の流出ではなくハードディスクの紛失による情報流出というのが笑えますね。ハードディスク30台も簡単に失くすような管理の杜撰な会社が個人情報を扱っているが素晴らしいですね。どんなタイプのハードディスクか分かりませんが、30台も持ち出しても怪しまれない会社ってどんな会社なのでしょうか?

ゲームポットのサイトにはしっかりと、「個人情報に関して」 という部分があって、もっともらしいことが書かれています。

"ゲームポット、ハードディスクの紛失で6万4000人分のユーザー情報流出?" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: