0コメント

第72回阪神ジュベナイルフィリーズを見に行った

阪神競馬場に第72回阪神ジュベナイルフィリーズを見に行ってきました。

レースは大外枠の3番人気メイケイエールが出遅れるという波乱のスタートとなりました。ヨカヨカが逃げてポールネイロンが2番手に控え、3番手にはエイシンヒテン、1番人気のソダシは4〜5番手に構え、2番人気のサトノレイナスは7〜8番手を追走するという展開。4コーナを回ってもヨカヨカとエイシンヒテンの逃げ脚は衰えず、ソダシはなかなか馬群から抜け出せない中、大外からメイケイエール追い込み開始。直接の半ばでようやく馬群の真ん中からソダシ抜け出し先頭に立つと内からサトノレイナスが迫り、メイケイエールのさらに外からユーバーレーベンも追い込んできて、ソダシとサトノレイナスの馬体か重なったままゴール。ハナの差でソダシが優勝しました。3着はユーバーレーベン。

白毛のG I優勝は史上初の快挙てす。シラユキヒメの牝系はユキチャンやハヤヤッコと言ったダートの重賞で活躍する馬は輩出していましが、ついに芝のGIを勝つ馬を出すなんて。しかもソダシはブチコの仔です。今回、ソダシがゲート入りに少し時間がかかったのでブチコの様なゲート入りの悪さがここで出てしまうのではと思いましたが、大事には至らなかったので良かったです。ゴール前はサトノレイナスに一旦かわされて差し返したように見えました。ソダシの勝負根性には恐れ入りました。サトノレイナスの瞬発力とそれを引き出ししたルメールもさすがでした。

吉田隼人の直線を向いてもなかなか前が開かないときの落ち着いた騎乗も良かったです。そして吉田隼人を乗せ続ける金子真人と須貝尚介も凄いでいね。来年は桜花賞、NHKマイルC、そしてダートという路線を進んでもらいたい気がします。父がクロフネなので芝では1800メートルが限界だと思います。芝のマイル路線とダートの二刀流というのもありだと思います。

府中でのアーモンドアイの快挙はもちろんグッと来るものがありましたが、割とあっさり勝負がついてしまったので、レースとしての面白いさは今回の方があったと思います。ちなみレーシングプログラムの「名馬の肖像」はニシノフラワーで牡馬相手に重賞を勝ってきたので牝馬限定の阪神3歳牝馬Sは負けるはずがないと言うようなことが書かれていました。ソダシもニシノフラワーと同じく札幌2歳Sを買っているのでこれはサインかなと勝手に思いました。

余談ですがマイルCSのときの「名馬の肖像」はダイタクヘリオスで連覇について書かれていたのでインディチャンプのマイルCS連覇かと思っていたらグランアレグリアのマイルGⅠ春秋連覇でした。

メイケイエールで最後方からレースを進め武豊は桜花賞のシャダイカグラを再現しょうとしたのかな?ちなみにメイケイエールもシラユキヒメの一族です。ユーバーレーベンはマイネルファンロンの半妹なんですね。母の母はマイネヌーヴェルでした。ゴールドシップも牝馬の方が走るみたいてすね。

馬券はソダシから買っていたのでとりあえずプラスにはなりました。この日の阪神は7枠がやたらに馬券に絡んでいたのて、何十年かぶりに枠連も買ってみました。7枠絡みは来ませんでしたが3-4は当たりました。

香港てはスプリントでダノンスマッシュが悲願のG I勝ちを決めていました。香港カップはノームコアが1着、2着がウィンブライト、ダノンプレミアムは4着。ダノンプレミアムが先行して抜け出したところにウインブライト、ノームコア、マジカルが追い込んでくる展開で一瞬、日本馬の123かと思いました。ノームコアは凄いけどエリザベス女王杯は改めてなんだったのか?と思ってしまいました。ウインブライトは香港は走りますね。香港ではジョッキーはレースのときもマスクをしていました。

1.jpgIMG_7206.JPGIMG_7241.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント