0コメント

東京競馬場で第81回菊花賞を見た

東京競馬場でコントレイルが無敗の三冠を達成した第81回菊花賞を見ました。

レースはキメラヴェリテが逃げてバビットが2番手、コントレイルは7番手にかまえてアリストテレスは終始コントレイルをマークする展開。3、4コーナー中間でキメラヴェリテは力尽き、バビットが先頭に立とうとしたときにディープボンド、コントレイル、アリストテレスが一気にスパートし、残り300メートルはコントレイルとアリストテレスの一騎打ちとなり、クビ差コントレイルがしのいで三冠を達成となりました。3着はほぼ直線だけで追い込んできたサトノフラッグが入りました。

馬券は記念に買ったコントレイルの単勝の紙の馬券100円だけ当たりまし。コントレイルの1着は揺るがないと思ったので、3連単のコントレイルの1着固定で、2着に重賞勝ちがあり、前走馬券になっている3頭と京都新聞杯を勝っているディープボンドから前走条件戦を勝ってきた3頭とロバートソンキーという組み合わせで買ってみました。ルメールはお見事でした。最初からコントレイルをマークし、本気で勝負に行っていたのが痺れました。でも馬券はハズレ、でもルメールの騎乗には納得。

通常の表彰式はありませんでしたが、ウィナーズサークルでコントレイルは馬服を着て優勝レイをかけられて口取りと記念撮影はしていました。表彰式好きとしてはモニター越しでしたがあのシーンが見られたのもラッキーでした。GⅠは芝コース上で口取りをするのですが、今回はウィナーズサークルの中というのも特別でした。秋の天皇賞も今回くらいの口取り、記念撮影はやってもらいたいです。

東京競馬場のレースも面白いレースがありました。5レースの2歳1勝クラスではAmerican Pharoah産駒のリフレイムが最後方から追い込んで5馬身差をつけて勝っていました。リフレイムは新馬戦でエイシンヒカリのアイルランドトロフィーみたいな走りで勝っていた馬です。こういった破天荒なタイプの馬は好きです。右回りや小回りのコースは合わない感じがします。

メインのブラジルカップでも白毛のハヤヤッコが最後方から追込で勝っていました。ハヤヤッコは3歳のときはレパードSを勝っていますが古馬になって重賞ではまだ歯が立たない感じでしたが、この勝ちをステップにして活躍してもらいたいものです。ちなみに今週のアルテミスSには同じシラユキヒメの一族のソダシが出走を予定しています。


IMG_5419.JPGIMG_5411.JPGIMG_5402.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント