0コメント

You Tubeで『機動戦士ガンダム』を見ていた

You Tubeのガンチャンで配信されていた『機動戦士ガンダム』を見ていました。

去年から毎週金曜の21時に1話ずつ配信されていたガンダムも最終回の『脱出』が配信されました。映画版のDVDは持っていますが、TV版を見るのはけっこう久しぶりだったので毎週金曜を楽しみにしていました。TVKでも確かまた再放送をやっているみたいです。日曜の23時30分からの放送で23時からはエヴァンゲリオンの再放送をやっているようでする

映画版では取り上げられていないエピソードを楽しみに見ていました。意外に面白かったのは『マ・クベ包囲網を破れ!』ですね。

『マ・クベ包囲網を破れ!』は前半のヒートホークやザクマシンガンを持つグフとガンダムの格闘戦がなかなか上手く出来ていました。そしていくつもの罠を仕掛けてがホワイトベースを追い込んでいく策士としてのマ・クベのキャラクターが際立っていました。『テキサスの攻防』でガンダムをテキサスコロニーに誘いこむところもなかなかです。「汚い手しか使えないお前はもうパワー負けしている」とアムロに言われて結局負けてしまうのところも死に方としてはマ・クベらしくて良かったです。映画版やORIGINは扱いが軽くなったり、キャラクターが改変されていたのが残念でした。

マ・クベの声は塩沢兼人という声優さんがやっていて、マ・クベの他には『クレヨンしんちゃん』で「ぶりぶりざえもん」をやっていました。「ぶりぶりざえもん」も狡猾なキャラでマ・クベに三枚目のキャラを足して壺をマラカスに持ち変えると「ぶりぶりざえもん」になるような感じに捉えていました。

TV版のガンダムは主要なキャラ以外は1人の声優が何役も掛け持ちしてることが多いことは知っていました。特に永井一郎(a.k.a.波平)は多いのは知っていましたが、改めて見ると塩沢兼人や古川登志夫もけっこう掛け持ちしていました。『テキサスの攻防』ではソロモン攻略戦で負傷したハヤトの様子を見る看護兵のサンマロウの声を塩沢兼人がやっていました。

シャリア・ブルもなかなか味わい深いキャラでした。子供の頃はシャリア・ブルのことは全く理解できず、変なヤラレキャラだと思っていました。今見ると、仕事は出来るけど周囲に忖度してばかりで悩みが絶えず、鬱になってしまう中間管理職のサラリーマンみたいに見えてしまいます。そんなシャリア・ブルに気を使って死に場所を用意するシャアもシャアですね。ギレンの執務室にはでかい絵画が飾ってあって旧共産圏や今の北朝鮮の国家元首の部屋みたいなところも面白かったですね。

ソーラ・レイシステムのために強制疎開させられて孫とはぐれてしまった爺さんに暴力を振るうジオン兵の姿が妙にリアルでした。戦争や非常事態では国家は市民のことは二の次なんですね。1話目でもサイド7の避難民に対するテム・レイの態度でも同じことは描かれていますが、ソーラ・レイのための疎開は映画版などではカットされてしまっているので久しぶりに見ると新鮮でした。


機動戦士ガンダムDVD-BOX 2 - 古谷徹, 鈴置洋孝, 井上瑤, 鵜飼るみ子, 池田秀一, 富野由悠季
機動戦士ガンダムDVD-BOX 2 - 古谷徹, 鈴置洋孝, 井上瑤, 鵜飼るみ子, 池田秀一, 富野由悠季

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント