0コメント

第65回 産経賞オールカマーを見に行った

中山競馬場にオールカマーを見に行ってきました。

レースは4番人気のスティッフェリオが逃げて藤田菜七子が乗るトニーファイブが2番手、2番人気ウインブライトは3番手、1番人気のレイデオロは7番手に構える流れで1000メートル通過が1分1秒8という平均よりやや遅いペース。3コーナー手前からレイデオロが動き始めるが、前との差がなかなか縮まらない。スティッフェリオの逃げ足は直線を向いても衰えず、逃げ切りで優勝しました。直線だけで追い込んできたミッキースワローが2着。レイデオロを内からハナ差交わしたグレイルが3着。馬券はスティッフェリオから買っていたのにレイデオロとウインブライトを相手にしていたので外れました。

レイデオロ、ウインブライトのGⅠ馬同士の堅い決着になると思いきや、スティッフェリオの逃げ切り、ミッキースワロー、グレイルの追い込みで決まりました。1、2番人気が飛んだ割には馬券はそれほど荒れませんでした。グレイルは去年のセントライト記念も6番人気の3着だったことはレースが終わってから知りました。来年のAJCC、オールカマーにグレイルが出てきたら買うことにします。

レイデオロは衰えと福永祐一の不味い騎乗が重なった結果なんでしょうか?ウインブライトは距離なんでしょうか。この馬とは馬券の相性が悪く、厚く買っているときは凡走しています。金杯のときはステイフーリッシュ、アドマイヤリード、マウントゴールドから買っていて勝たれてしまいました。中山記念は馬券自体買っていませんでした。

神戸新聞杯はサートゥルナーリアが2番手から上がり3ハロン、32秒3で抜け出してヴェロックスに3馬身差をつけて優勝しました。3着はワールドプレミア。サートゥルナーリアは菊花賞には出走しないそうです。先週、セントライト記念を勝ったリオンリオンが中心になるとは思えないし、ヴェロックスもワールドプレミアも頼りないので、ルメールが乗るニシノデイジーが1番人気になるかもしれませんね。

8レースの芙蓉ステークスはパドックで馬っ気を出してチンポブラリーノ状態だった1番人気のオーソリティが好位から抜け出して優勝していました。オーソリティは父オルフェーヴル、母ロザリンド、母の父シンボリクリスエス、母の母シーザリオという血統。サートゥルナーリアやエピファネイアと同じ母系になります。オルフェーヴルはもちろん、シーザリオの血も入っているというのは気性的にはけっこう危い気もします。ちなみにオーソリティは新馬戦で札幌2歳Sを勝ったブラックホールに勝っています。オルフェーヴル産駒とゴールドシップ産駒がクラシックを争うことになるのか?

6レースの3歳以上1勝クラスではアーモンドアイの妹ユナカイトが勝ち上がっていました。父オルフェーヴル、母ホエールキャプチャのアルママは4着。

12レースにはアーモンドアイに新馬戦で勝ったニシノウララが出走していましたが全くいいところなく9番人気で13着でした。
IMG_0585.JPG

IMG_0539.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント