0コメント

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を見た

クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット主演の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を見ました。

舞台は1969年のハリウッド、リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)はテレビドラマを中心に活躍する俳優で、クリフ・ブース(ブラッド・ピット)はリックの専属のスタントマン兼付き人。リックは以前はドラマで主役を張っていたが最近はゲストとして悪役を演じることが多い。そんな時にリックの隣にロマン・ポランスキーとシャロン・テートの夫婦が引っ越して来る。リックはマカロニ・ウエスタンの撮影のためイタリアに渡ることになるが、1969年の8月9日の前にハリウッドに帰ってくる、そして運命の8月9日を迎えるというお話。

上映時間は161分もあります。前半から中盤にかけてリックとクリフの日常とマーゴット・ロビーが演じるシャロン・テートの日常が淡々と描かれていきます。前半は正直、ちょっと眠いところがありました。リックの撮影現場でのエピソード、クリフとブールース・リーの絡むところやシャロン・テートが自分の出ている映画を見に行く辺りから面白くなり始めて、中盤でリックとマンソン・ファミリーと遭遇するところでグッと緊張感が高まります。

クライマックスの展開には正直、驚きました。タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』、『ジャンゴ 繋がれざる者』の流れを考えると、「あぁ、なるほど」と納得の行くオチでした。そして「本当に良かった」と安堵して感動してしまいました。ちなみにクライマックスではバニラ・ファッジの『You Keep Me Hangin' On』がかかっていました。

クリフがアメリカン・ピット・ブルという犬を飼っていたのも印象的でした。アメリカン・ピット・ブルは闘犬用の犬で噛む力が強いという話を聞いたことがあります。プロレスラーの藤原喜明も飼っていたました。クリフがドッグフードの缶を開けたりするところは押井守の『イノセンス』を思い出しました。

TBSラジオの『アフター6ジャンクション』では8月29日にタランティーノの単独インタビューが放送されていました。このインタビューが映画と同じ位、面白いものになっていました。特にリックのその後について、日本に行ってラス・タンブリンやニック・アダムスみたいに東宝特撮映画に出て、水野久美と共演するるじゃないかと言っていたのが最高でした。吹き替えは立木文彦がやっていたのですが、タランティーノが「カゲノグンダン(影の軍団)」と言っていたのも聞き取れました。シャロン・テートを墓から助け出すという意味は映画を見ると分かります。

リックがマンソン・ファミリーの連中に対して「デニス・ホッパー」と罵っていたのも印象的でした。若者側(ヒッピー、カウンター・カルチャー)からの視点の映画はけっこう見ていましたが、大人側の視点から映画は初めて見たような気がします。『イージー・ライダー』でデニス・ホッパーの相棒だったピーター・フォンダは最近亡くなってしまいました。
ポスター/スチール写真 A4 パターン13 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 光沢プリント
ポスター/スチール写真 A4 パターン13 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 光沢プリント

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント