JBLのBluetoothイヤホンが壊れた

去年の12月から使っていたJBLのBluetoothイヤホンT110BTが壊れました。

電源スイッチを押しても電源が入らず、充電しようとしてもLEDは2分くらいで消えて充電もできない状態になってしましいました。2日くら放置していたらLEDの点灯時間は5分くらいに増えましたが充電はできませんでした。しかし、Bluetoothイヤホンはこんなに簡単に壊れるものなのですね。物は壊れる、人は死ぬ、そういうことですね。

アマゾンのレビューで同じような不具合の報告が複数ありました。アマゾンのレビューなんて半分くらいはいい加減なものだと思っていたら、同じ状態になってしまいました。JBLのサポートページを見てみましたがたいした情報はありませんでした。保証期間は着払いでJBLに宅配便で送れば修理してくれるそうです。保証期間内なのでなんとんなるでしょう。保証書はもちろん取ってあります。着払いでも梱包して送るのけっこう面倒くさいですね。

今は京都競馬場でもらったRADIKOの有線のイヤホンを使っています。一回、Bluetoothイヤホンを使うと有線のイヤホンは不便に感じてしまいます。やっぱりBluetoothイヤホンが欲しいと思ってしまいます。

7代目のiPod nanoで使いたのでBluetooth4.0でなくなてはならないので選択肢はかなり限られています。かと言ってもう1回、T110BTやJBLの他のイヤホンはちょっと使いたくありません。

次は少しお高くなりますがBeats by Dr.DreのMTH52PA/Aを考えています。ドクター・ドレーはN.W.A.の頃から知っています。ヘッドフォンやイヤホンの会社を起こして成功しているのは最近しりました。Beats by Dr.Dreのヘッドフォンやイヤホンをしている人を街でも普通に見かけます。『Fuck Tha Police』とか『Appetite for Destruction』なんて聞きそうにもない人でもBeats by Dr.Dreを使っているのが最初は不思議でした。

ウィキペディアでビーツ・エレクトロニクスを調べてみたらトレント・レズナーがチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めると書かれていて驚きました。インタースコープ・レコードの会長ジミー・アイアヴィーンも設立に関わっているそうなので、その繋がりのようです。ヒップ・ホップもインダストリアルも良く聞こえるヘッドフォンやイヤホンということなのでしょうか? ビーツ・エレクトロニクスは現在はアップルの傘下になっているそうです。

MTH52PA/Aのユーザーレビューを読んでみると、故障が多いと書かれていたり、密閉度が高く外の音が聞こえづらいという点が不安です。



この記事へのコメント

ヨーグルト好き
2019年06月11日 17:29
明治ブルガリアヨーグルトの懸賞の青と白の贈りものの中にソニーのMDR-XB70BTがあるよ宜しかったら応募してみては♪
dorobune
2019年06月11日 20:53
ヨーグルト好きさん情報ありがとうございます。ソニーのMDR-XB70は残念ながらBluetooth4.1なのでもし懸賞で当たっても私のiPodでは使えないのです。

この記事へのトラックバック