JBLのBluetoothイヤホンを使っている

JBLのBluetoothイヤホンT110BTを使っています。Bluetoothイヤホンを使うのはこれが初めてです。

カナル型のイヤホンが好きじゃなかったので有線のイヤホンを使ってきましたが3ヶ月も持たずに断線することが続いたので思い切ってBluetoothイヤホンを使ってみることにしました。

選んだ条件は以下の2点です。

1. 第7世代のiPod Nanoをメインで使うのでBluetoot Ver 4.0のもの
2. 価格は1万円くらいまで

すると選べる範囲がグッと狭くなって、手に入りやすいモノはJBLのT110BTとなりました。ビックカメラで3000円くらいだったと思います。

TBSラジオの『アフター6ジャンクション』でワイヤレスのヘッドホンやイヤホンの特集で紹介されていたイヤホンの値段が平均で3万くらいだったのには驚きました。私の場合は外で使うことが圧倒的に多いので落として無くしたり、壊れたりするリスクを考えると頑張って1万円くらいまでです。

去年の12月から使い始めて4ヶ月ちょっと使っています。音質的なこだわりそれほどないので特に問題はありません。カナル型も最初は違和感がありましたが2週間くらいで慣れました。

左右一体・ネックバンド型というところにが気になる部分です。ネックバンドの取り回しが未だに気になります。外を歩いて風が強いときはネックバンドが揺れたり、風切り音が結構、気になったりします。

バッテリは約2時間充電して約6時間の再生が可能だそうです。日常の使用には全く問題はありません。旅行に行った場合にはこの約6時間の再生時間が微妙なところです。2泊3日以上の場合、ついつい充電を忘れて途中でバッテリ切れになったことがありました。

電源を入れたときに再生される起動音が意外と気に入っています。接続がOKな時と見たNGな時の違いも分かりやすくて良いですね。バッテリが切りかかってるときの警告音はあまり切迫感がないので最初はなんの音かよく分かりませんでした。

駅の構内、ホームなどでは断線やノイズが入ることが多いですね。電車に乗ってしまうと断線やノイズはなくなります。線路の近くもこの現象は発生します。障害物がない場合で通信距離10mとなつていますがもう少し短い気がします。

アマゾンのレビューでは1週間で充電ができなくなったり、3ヶ月もしないうち壊れたという体験談が書かれていたりしています。4ヶ月くらい使ってみてそういった不具合は今の所ありません。電車の中で隣のおじさんに音が漏れていると怒られたことがありました。その時聞いていたのは大滝詠一の『NIAGARA CONCERT ’83』だった気がします。半年使えたらまぁまぁ合格。1年使えたら褒めてあげます。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック