0コメント

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星 ジオンの子』を見た

NHKで放送が始まった『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』見てみました。

安彦良和が描いた漫画版の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は全部読んでします。アニメは全く見ていないので予備知識は全くない状態で見ました。漫画版をそのままアニメにしたものかと思ったら漫画版の『シャア・セイラ編』から始まったので少し驚きました。

NHKでガンダムを見ることになるのが凄く不思議です。ガンダムは1作目の放送開始から今年で40年になります。テレビ朝日系で続いていたのが、『∀ガンダム』でフジテレビ系列になり、『機動戦士ガンダムSEED』からTBS系列になったところまで知っていますが、それ以降は知りません。民放のキー局でガンダムを放送していないのは日本テレビ系列とテレビ東京系列だけだと思います。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の内容ですが、話はほぼ漫画版をなぞっている感じでした。サスロ・ザビは出てきたと思ったらすぐに殺されてしまうのはお気の毒でした。

幼少期のキャスバル(シャア)の声が田中真弓というのが絶妙なキャスティングでした。前半はキャスバルはほとんど喋っていなかったのですが、後半にキシリアと対峙するシーンで喋りに始めたらチビ太の声ということに気がつきました。「チビ太が命令する。これを外せ! てやんでえ バーロー ちくしょう!てやんでえ バーロー ちくしょう!てやんでえ バーロー ちくしょう!」と言っているように聞こえました

ハモンの声の人は沢城みゆきという人で調べてみたら、峰不二子役を増山江威子から受け継いだ人で漫画版のイメージ通りのキャスティングでした。ドズル・ザビは銀河万丈のままでした。銀河万丈は最近では『開運!なんでも鑑定団』のイメージしかありません。

ジオン・ズム・ダイクが亡くなってベットに横たわっているシーンとランバ・ラルがアルテイシアを抱き上げるシーンは一作目のシーンをしっかりなぞっていたのが印象的でした。

オープニングテーマはLUNA SEAでした。全然関係ないけど河村隆一は昔、オーザックのCM出ていたことを思い出しました。

エンディングテーマは『めぐりあい宇宙』のテーマだった『めぐりあい』のカバーでした。『めぐりあい』を演奏していたのはGLIM SPANKYというバンドでボーカルの声が割れていいるように聞こえるのが不思議でした。月並みな言い方をすればジャニス・ジョプリンみたいな感じですね。エンディングテーマは水曜日のカンパネラのコムアイも参加する予定だそうです。カンダムとコムアイは食い合わせが悪そうに見えるのですがどうなんるでしょうか。


Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック