『ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー』を見た

ケヴィン・マクドナルド監督によるホイットニー・ヒューストンのドキュメンタリー映画『ホイットニー オールウェイズ・ラヴ・ユー』を見ました。 エリック・クラプトンのドキュメンタリー映画を見たときに予告を見て、これも見てみたいと思いました。ロックやすR&Bのバンドやミュージシャンの伝記映画やドキュメンタリー映画は大好きなもので。ホイット…

続きを読むread more

第33回 根岸ステークスを見に行った

東京競馬場に根岸ステークスを見に行ってきました。 レースは1番人気のサンライズノヴァがいつもように出遅れて、マテラスカイが逃げをうち、レッドゲルニカ、ノボバカラが追いかける展開。直線を向くとマテラスカイはすぐに一杯になり、残り200を切ったあたりで内をすくったユラノトが先頭に立とうとしたところに道中は中団に構えていたコパノキッキン…

続きを読むread more

吉田豪の『聞き出す力』を読んだ

久しぶりに吉田豪の本を読んでみました。読んでみたのは2014年に出版された『聞き出す力』。 TBSラジオに吉田豪がよく出ていたきは吉田豪の本はよく読んでいたのですが、TBSラジオに吉田豪があまり出なくなってからは吉田豪の本とは疎遠になっていました。吉田豪は最近はテレビにもよくでているようですね。私は『モーニングCROSS』でしか吉…

続きを読むread more

第60回 アメリカジョッキークラブカップを見に行った

中山競馬場にアメリカジョッキークラブカップを見に行ってきました。 レースはステイインシアトルが緩いペースで逃げて、ジェネラーレウーノが2番手、1番人気の菊花賞馬フィエールマンは6番手に構えるという展開。4コーナーでジェネラーレウーノがステイインシアトルをかわしたところに1年ぶりの実戦となるシャケトラがが襲いかかり一気に先頭にたち、…

続きを読むread more

『まんぷく』を見ている

NHKの99作目の連続テレビ小説『まんぷく』を見ています。 日清食品の創業者である安藤百福とその妻である仁子をモデルとしたドラマでヒロインは安藤サクラで旦那は長谷川博己。最近の大阪制作の朝ドラは関西の企業がモデルにしているものが多いですね。来年の戸田恵梨香がヒロインの『スカーレット』は違うらしいです。そのうち任天堂や京セラ、ワコー…

続きを読むread more

『クリード 炎の宿敵』を見た

マイケル・B・ジョーダン主演、スティーヴン・ケープル・Jr.監督の『クリード 炎の宿敵』を見ました。 ロッキー・シリーズのスピンオフの第二弾。ロッキーの宿敵で親友にだったアポロ・クリードの息子、アドニス・クリードはチャンピオンの座につき、ビアンカとも結婚し、子供もでき幸せの絶頂にあった。 そこに、かつて父アポロをリング上で殺した…

続きを読むread more

第66回 日経新春杯を見に行った

京都競馬場に日経新春賞を見に行ってきました。 レースはメイショウテッコンが出遅れて、アイトーンが逃げて、サラスが2番手、3番手にロードヴァンドール 、1番人気のグローリーヴェイズは中団よりやや後ろの最内に構えていました。3コーナー手前からメイショウテッコンが一気に捲くって先頭に立ちそのまま押し切るかと思われましが、直線を向いて満を…

続きを読むread more

『シュガー・ラッシュ: オンライン』を見た

リッチ・ムーア監督のアニメ映画『シュガー・ラッシュ: オンライン』を見ました。 2013年公開の『シュガー・ラッシュ』の続編になります。前作で親友になったラルフとヴェネロペは相変わらずゲームの中で暮らしていました。ヴェネロペは自分が存在するレースゲーム「シュガー・ラッシュ」を完全に手の内に入れてしまって、新しいコースを走りたくなっ…

続きを読むread more

富岡八幡宮に初詣に行ってみた2019

1月6日に富岡八幡宮へ初詣に行ってきました。 2017年に第21代宮司が第20代宮司に日本刀で斬り殺される事件があった神社です。去年は参拝客が激減したということで行ってみました。今年はどなったを確認してみたくてまた行ってみました。 去年よりは若干、参拝客の数は増えていはいましたが、参拝客の列はなく、待つことなく本殿で参拝する…

続きを読むread more

第68回日刊スポーツ賞中山金杯を見に行った

中山競馬場に中山金杯を見に行ってきました。 レースは1枠1番から平均ペースでタニノフランケルが逃げる展開。1番人気のマウントゴールドはスタートで後手を踏み中団からのレースとなりました。3コーナー手前から後方にいたステイフーリッシュとタイムフライヤーが捲り気味に進出、タニノフランケルの脚色は衰えず、ゴール手前でステイフーリッシュをタ…

続きを読むread more