0コメント

第35回 ホープフルステークスを見に行った

中山競馬場にホープフルステークスを見に行ってきました。

レースは一番良いスタート切った1番人気のサートゥルナーリアが逃げるコスモカレンドゥラの2番手に構え、2番人気のアドマイヤジャスタは3番手、3番人気のニシノディジーは4番手。3~4コーナーでアドマイヤジャスタが先に動き、内にサートゥルナーリアを閉じ込めて4コーナーを回り先頭に立ち勝負あったかと思われましたが、馬群をこじ開けたサートゥルナーリアが坂を上がったところでアドマイヤジャスタを交わし1馬身1/2の差をつけて優勝しました。3着にはニシノディジーが入りました。

サートゥルナーリアの強さばかりが際立つレースとなりました。直線に向いてもデムーロは強く追っていないように見えます。サートゥルナーリアは父ロードカナロア、母シーザリオで兄エピファネイア、リオンディーズに続くGⅠ勝利。今のところ、兄のような気性の難しさはみせていないようです。シーザリオの産駒は気性の難しさと足元の問題があります。

今年の種牡馬はロードカナロアというイメージでしたが、リーディングは7位なんですね。まぁ、1世代しかいないので仕方がないのですが。アーモンドアイ、ステルヴィオ、サートゥルナーリアで1年間でGⅠ6勝というのは強烈。スプリンターで強い馬が出ていないのが不思議ですが、ダノンスマッシュが京阪杯を勝っているのでスプリントGⅠの勝ち馬が出てくるのも時間の問題で、父がキングカメハメハなのでダートでも強い馬もいずれ出てくるでしょう。

ホープフルステークスの表彰式のゲストプレゼンターは来年のJRAのCMキャラクターに加わる中川大志と葵わかながつとめていました。来年は松坂桃李、柳楽優弥、土屋太鳳、高畑充希、木村カエラの曲も継続で中川大志と葵わかなが加わるかたちになるそうです。女性は全員朝ドラ、ヒロイン、しかも松坂桃李と葵わかなは『わろてんか』で夫婦役でした。

馬券はJRAの年間最多勝を更新したルメールの乗るアドマイヤジャスタの複勝を一番厚く、単勝も少々、東スポ杯でニシノディジーとタイム差なしの3着だったヴァンドギャルドの複勝を少々買っていました。

ルメールの213勝目は6レースの新馬戦、ダート200メートルで白毛馬のマイヨブランで決めていました。好位につけて直線で抜け出しての勝利でした。マイヨブランは白くて558キロもあるので強そうに見えないのですが鮮やかに勝ち上がっていました。真っ白な馬体に赤いメンコは馬体がシャープだったらかっこいいのですが、「ひこにゃん」みたいでコミカルに見えます。マイヨブランは父ヨハネスブルグで母ユキチャンという血統です。10レースにはシロニイも走っていました。マイヨブランはユキチャンの産駒ですがオーナーは金子真人ではなくシルクレーシングです。シルクの白毛馬で年間最多勝を決めるというのは凄くベタなサインでした。マイヨブランの単勝は買っていませんでした。残念。

東京大賞典はオメガパフュームが勝っていたみたいですね。「ダートも3歳馬!」が印象的でした。来年は4歳馬を買っていれば当たるのかな?

『ドキュメント72時間』の年末スペシャルで『日本ダービー大行列』がリクエスト2位でした。個人的には『大阪・西成 24時間夫婦食堂』の最後の方でチラッと春の天皇賞を食堂で見ているシーンが好きです。テレビに写っている中継の画面がNHKじゃないのもいいですね。


画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック