0コメント

『タクシー運転手 約束は海を越えて』

チャン・フン監督、ソン・ガンホ主演の韓国映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』を見ました。

『たまむすび』で町山智浩が紹介していたのを聞いたのはずいぶん前のようの気がします。今回なんとか飯田橋のギンレイホールで見ることができました。

舞台は1980年の韓国、クーデターによって政権を奪った全斗煥大統領は民主化運動の弾圧、野党政治家の金大中逮捕など行っていた。光州市では民主化を求める学生と市民の民主化運動に対して軍部が弾圧を行っていた。しかし、言論統制のため、光州市以外ではその事実は全く知られていなかった。ドイツ人ジャーナリスト、ピーター(トーマス・クレッチマン)は日本特派員で光州市で何が起こっているのかを取材するためにソウルに渡り、キム・マンソプ(ソン・ガンホ)の個人タクシーで光州市に向かうのだが、というお話。

ソン・ガンホが演じるタクシー運転手が笑えて泣けて最高でした。非常に分かりやすく言えば渥美清の寅さんみたいな学問や教養はないけど行動力があり、情に厚いというキャラクターでした。大家に借金をしてその金でたまった家賃を返そうとする所がバカ受けでした。

ソン・ガンホが演じるタクシー運転手は寅さんの他にも何か似てる考えてみたら、生活や金にだらしなく、金や儲け話に目がなく、少し抜けているところが落語に出てる駕篭かきや船頭に似ています。。『蜘蛛駕籠』、『夢金』、『蔵前駕籠』といった落語を思い出しました。

この映画で描かれている光州事件については詳しく知りませんでした。軍隊や警察が一般市民に発砲していたのは知っていました。こういったかたちで映画で見るとやはり尋常ではありません。

タクシー運転手は光州市に入ると悲惨な光景を目にして一刻も早くソウルに帰ることばかり考え、一度はピーターを残し一人でソウルを帰ろうとするのですが、途中で立ち寄った食堂で光州市で起こっていることがその他の地域では情報統制によって正しく伝えられないことに気づき、光州市に戻ることを決意します。このときのソン・ガンホが実にマズそうにうどんを食べるシーンが良ったです。

ピーターをタクシーに乗せて光州市から脱出するところは賛否が別れているようですが、「あぁ、ここまでか」と思った時に光州市のタクシードライバーたちが現れるところはグッときました。『マッド・マックス 怒りのデス・ロード』や『ベイビー・ドライバー』に引けをっていないと思いましたよ。

光州市の新聞記者たちもなんとか光州市で起こっていることを新聞で伝えようとするのですが、新聞社の経営陣によって実力で輪転機を止められるシーンがありました。『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』は全く逆のことがこの映画では起こっていました。でもこの映画も『ペンタゴン・ペーパーズ』でもテーマは同じで暴走する権力に対して立ち向かうということです。『1987、ある闘いの真実』も見たくなりました。

ちなみに写真はギンレイホールではなく高知のあたご劇場です。ギンレイホールは初めて行ったのですが椅子が硬かった。早稲田松竹や目黒シネマよりも椅子が硬かった。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック