0コメント

第63回京成杯AHを見に行った

中山競馬場に京成杯AHを見に行ってきました。

レースは道中は中団からやや後方に構えた1番人気のミッキーグローリーが直線を向いて坂を駆け上がるところで大外から先頭に立ち、最後方から追い込んできたワントゥワンを3/4馬身おさえて優勝しました。3着には好位から2番人気のロジクライが粘り込みました。

関屋記念に続いてディープインパクト産駒の1、2着でした。マイルはディープインパクト産駒を買っておけばいいという事でしょうか? ワントゥワンはまたしても最後方から追い込んでの2着。

中山のマイルは枠の有利不利があり紛れが起こりやすいコースと言われていますが、直線を向いてからが縺れたりするので、見ている分には府中のマイルよりも面白く感じます。府中のマイルのGⅠはフェブラリーステークスを含めて4つもあります。

今回の開催からネット予約の窓口での受付が変更されてJRAカードと予約サイト上に表示されるQRコードが必要になりました。予想通り窓口の前には立ち往生している人が何人かいました。

中山はトイレが改装されていたり、指定席の席の呼び名が変わったりしていました。キングシートもネット予約ができるようになったのが良かったです。残念だったのはスマッピー投票に対応した機械がなかったことです。UMACAの導入も中山は2019年の予定だそうです。インシュリンの注射器をゴミ箱に捨てないでくださいという貼り紙がトイレからなくなったもなんだか寂しい気持ちになりました。

最終12レースにはボクノナオミという馬が出走していました。テニスの全米オープンで大坂なおみ選手が優勝したばかりだったのでボクノナオミの単複を100円ずつ買ってみました。ボクノナオミは8番人気でスタートは良く好位につけて直線に向いても手応えが良かったので、これは3着はあるかも思っていたのですが6着でした。3着と4着が1/2馬身差、4着から6着までがハナ差でした。

阪神のセントウルステークスはラブカンプーが逃げてネロが絡み、1番人気のファインニードル中団に構える展開で直線を向くとネロは失速、残り100メートルを切るあたりで粘るラブカンプーをファインニードルがあっさりと交わしさらに1馬身1/2突き放して優勝しました。

ラブカンプーの粘りが良かったですね。父ショウナンカンプ、母の父マイネルラヴというちょっと地味で渋いスプリンター血統も良いですね。半兄がキングハート。キングハートはスプリンターズステークスで1番人気になりそうなナックビーナスを抑えてオーシャンステークスで優勝しています。キングハートはスプリンターズステークスに出走を予定しているみたいです。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック