0コメント

『リメンバー・ミー』を見た

リー・アンクリッチ監督、ピクサー製作のアニメ映画『リメンバー・ミー』を見ました。

メキシコで靴職人を営むリヴェラ一家は一切の音楽を禁止していた。しかし、12歳のミゲルは密かにギターを自作してミュージシャンになることを夢見ている。日本のお盆のようなメキシコの「死者の日」にミゲルは街の音楽コンテストに出ようとするが、祖母エレナにギターを壊されてしまう。ミゲルは伝説のミュージシャン、エルネスト・デラクルスの記念館に展示されているギターを拝借してコンテストに出ようとしたが、死者の世界に紛れ込んでしまうというお話。

現世で子孫が死者の写真を飾って、死者のことを忘れずにいると「死者の日」に現世に行くことができて、現世で死者のことが忘れされると死者の世界でも二度目の完全な死を迎えるという設定がなかなか味わい深いものがありました。ミゲルが死者の世界で出会うヘクターは現世で自分の写真を飾ってもらっていないため、現世に帰れず、現世でヘクターが忘れ去られかけているので、二度目の死が迫っていました。亡くなった家族や先祖の事を色々と考えさせられる映画です。

マリー・ローランサンの『鎮静剤』という詩を思い出しました。死んだ女よりも忘れられた女が一番哀れといった内容の詩です。昔、寺山修司のエッセイを読んでいたらこの詩が紹介されていました。高田渡が曲をつけて歌っていました。私は夏木マリがカバーしたものしか聞いたことがありません。

ミゲルがデラクルスのギターを盗もうとしたことから物語がいっきに展開されて行き、後半のミゲルとヘクターそしてデラクルスの関係が明らかになることで立場が逆転する所に驚きました。実は奴はとんでもないものを盗んでいたわけです。

この映画を見て改めて考えたのは音楽の盗作やゴーストライターの問題です。オマージュやインスパイアは盗作の線引きなど。デラクルスはヘクターを毒殺し、ヘクターが作った曲でミュージシャンとして大成功します。映画の中ではデラクルスの悪事はミゲルやママ・イメルダによって暴露され、現世でも歴史は正しく修正されてめでたし、めでたしとなります。

物語の前半ではデラクルスの歌声や演技に憧れるミゲルの姿が描かれています。デラクルスには作曲の才能はなかったのかもしれませんが、歌や演技の才能は確かにあったわけです。もしかするとヘクターの曲がなくてもそれなりに成功できかもしれません。

吹き替え版で見みました。吹き替え版のキャストについては全く知りませんでした。松雪泰子も藤木直人も全く違和感がなく良かったです。

メキシコのことはよく分からないのですが、メキシコの伝説的プロレスラー、エル・サントが出て来たのは分かりました。今年のアカデミー賞はメキシコ出身のギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』が作品賞、監督署など4部門を獲得し、『リメンバー・ミー』が長編アニメ映画賞を獲って、ある意味「メキシコの年」だったかもしれません。


リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック