0コメント

第35回フェブラリーステークスを見に行った

画像
東京競馬場に第35回フェブラリーステークスを見に行ってきました。

レースは1番人気のゴールドドリームが残り200メートルを切ったあたりで先頭に立ち逃げ込みを図るところを道中、後方2番手に構えていた4番人気のノンコノユメがゴール前で交わし優勝しました。3着には追い込んだ6番人気のインカンテーションが入りました。

ゴールドドリームは体重が14キロ減っていたりパドックで暴れていましたが、フィギアスケートの羽生結弦選手がオリンピック連覇を果たしたばかりだったり、騎乗するライアン・ムーア騎手がこの日3勝をあげていたりしたので、フェブラリーSの連覇のかかるゴールドドリームの単複を厚めに買ってみました。

ゴールドドリームが直線早めに先頭に立ったときは後は後続を引き離すだけと思っていたら、思ったほど伸び脚がなくインカンテーションの思わぬ抵抗にあっている所にノンコノユメの強襲に屈したかたちになりました。重賞などのレースでムーアがゴールで差されるシーンは初めて見たような気がします。

ノンコノユメは3歳から4歳のフェブラリーSまで買っていましたが、そのあとは成績が低迷していたので買っていませんでした。前走の根岸Sをレコードタイム勝ったときはサンライズノヴァから買っていたので非常に悔しい思いをしました。今回の根岸SとフェブラリーSを連覇した例が少ないこととレコードタイムで勝った後ということで軽視していたら同じような形でやられてしまいました。ちなみに小倉大賞典を勝ったトリオンフもせん馬でした。

フェブラリーSの表彰式のゲストプレゼンターは小島瑠璃子がつとめていました。フェブラリーSにゲストプレゼンターが来るというのもけっこう珍しいことだと思います。やっぱりゲストプレゼンターはいたほうがいいです。

今回はメモリアルスタンドのi-Seatで観戦していました。3場開催のときはi-Seatは非常に便利で楽でした。屋内で寒くないのももちろんですが。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック