0コメント

電気グルーヴの『TROPICAL LOVE』を聞いた

電気グルーヴの13枚目のオリジナル・アルバム『TROPICAL LOVE』を聞いてみました。電気グルーヴのアルバムを聞くのは『J-POP』以来になります。

『人間大統領』のビデオはYouTubeでよく見ていました。イントロはジャングルみたいなSEから始まります。ポップで分かりやすい歌メロと相変わらずのナンセンスな歌詞が素敵です。

『Fallin' Down』は元々ドラマの『怪奇恋愛作戦』のエンディング・テーマだった曲です。「Album mix」ということでアレンジは全く変わっています。『怪奇恋愛作戦』はケラリーノ・サンドロヴィッチが脚本を書いて、麻生久美子、坂井真紀、緒川たまきが出ていたドラマでした。正直、あまり面白いドラマではなかったような気がします。音楽は鈴木慶一でした。どちらかと言うとオープニングテーマの女王蜂『ヴィーナス』の方が好きでした。

このアルバムで一番好きなのは『柿の木坂』歌も入っていますが申し訳程度でリズムが非常に心地いいですね。歌詞を改めて読むとあまり電気グルーヴなちょっと叙情的というか感傷的な味わいがあります。柿の木坂は目黒に実在する地名で東横線の都立大学駅の近くです。グーグルマップを眺めていたら柿の木坂の近くに「焼肉大統領」という焼肉屋がありました。

『ヴィーナスの丘』では夏木マリがゲストボーカルとして歌っています。スパニッシュ・ギターは吉田サトシという人が弾いています。夏木マリはけっこういい歳なはずですが声の艶があって良いですね。この曲の歌詞も超現実的な感じがして不思議です。

『いつもそばにいるよ』の歌詞もとても不思議。誰かについいて歌っている歌詞がある部分は具体的なのですか、肝心なところは伏せている感じで、私はわかっている人ではないのかもしれません。最初に聞いたときは「いつもそばにいる」のはガマガエルかと思いました。歌詞カードを見るとその人物が連れている不思議なペットがガマガエルのようですね。

このアルバムに収録されている曲の歌詞はライミングというか韻を踏むことに強くこだわっているようです。『プエルトリコのひとりっ子』はタイトルが韻を踏んでいます。

最近では俳優が本業になってしまったようにピエール瀧。私はTBSラジオ『たまむすび』でのラジオパーソナリティとしての顔も好きです。局アナとは思えないほど自由な外山惠理アナウンサーを猛獣使いのように扱う様が素晴らしいですね。それでいてボケるところはしっかりボケるし、時々妙に博識なところも見せたりするところもあり色々と驚かせられたりします。小島慶子や赤江珠緒が相手のときもそれなりに面白かったけど外山惠理かが相手になってからは段違いに面白くなった気がします。

ソニー銀行は電気グルーヴのライブ「クラーケン鷹」ご招待キャンペーンをやっています。電気グルーヴがソニーのキューンレコードに所属しているためだと思います。私はソニー銀行の口座を持っているのでとりあえず応募してみました。

TROPICAL LOVE(初回生産限定盤)(DVD付)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック