4コメント

TBSラジオ、ポッドキャストやめるってよ

INTERNET Watchによりますと、株式会社TBSラジオは、同社ラジオ番組のポッドキャスト配信を6月30日に終了するそうな。これに代わるストリーミングサービス「TBSラジオクラウド」を6月6日より開始したそうな。

今週の配信分のポッドキャストでは頭に6月30日でポッドキャストサービスが終了するアナウンスが入っています。ポッドキャストは無料サービスとして維持していくには費用がかかる割になかなか商売になりにくく、ダウンロード数が多くてもこれ以上続けていく意味が見いだせなくなったためのようです。

TBSラジオはポッドキャストはやめても「TBSラジオクラウド」でストリーミングで聞けるし、Radikoのサービスも終わるわけではないのでネットを通じてTBSラジオが聞けなくなるではありません。

私は2005年に日本でiTMSのサービスが始まった頃からポッドキャストは利用してきました。TBSのポッドキャストを聞くようになったのは2006年くらいだったと思います。『ストリーム』の「コムラムの花道」から聞き始めて、RHYMESTERの宇多丸のことは『ストリーム』の代打で出演していたのを聞いて知りました。

『ストリーム』、『小島慶子キラ☆キラ』、『たまむすび』など昼のワイド番組はポッドキャストがなければ聞けなかったし、阿曽山大噴火、吉田豪、ジェーン・スー、菊地成孔といった人たちのことも知らなかったかもしれません。Radikoのサービスが始まってからはRadikoで生でTBSラジオを聞くようにもなりました。

中高生のころは割りとラジオは聞いていました。大学のころバイト先でラジオがかかっていることがあり、『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』、『吉田照美のやる気MANMAN!』なども聞いいました。働くようになってからはラジオはほとんど聞かなくなっていました。それがポッドキャストのおかけでラジオに再び耳を傾けるようになりました。

『RHYMESTER宇多丸のウィークエンド・シャッフル』などでは本放送とは別の『放課後ポッドキャスト』といったコンテツもありました。平山夢明が喋ているのを聞いたのは『放課後ポッドキャスト』でした。『ハート・ロッカー』巡る宇多丸と町山智浩の険悪な対談も
『放課後ポッドキャスト』でした。

ポッドキャストはオフラインで好きなときに好きな場所で聞けるところが良かったのに、ストリーミングだとネットに繋いでいないと聞けないし、過去の番組は一定期間経過すると聞けなくなってしまうのが辛いですね。

「TBSラジオクラウド」の会員登録は既に済みました。「TBSラジオクラウド」やRadikoを通じてTBSラジオは聞き続けると思います。それとは別にポッドキャストでも新しいコンテンツを探してみようと思います。

充電式多機能AM/FMポケットラジオーアメイズ- USB・microSD対応 ブラック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • あかんねん

    よい子はユーチーブ動画をダウンロードするようなことを画策しないものなのかな!?
    2016年08月04日 03:02
  • dorobune

    あかんねんさんコメントありがとうございます。YouTubeにラジオ番組がアッブされているのは知っています。ダウンロードできることも知っています。でもね、毎日YouTubeからダウンロードするのはかなり面倒くさい作業なのでやりません。 東京ポッド許可局だけはポッドキャスト配信は終わっていません。エンディングや細かいコーナーの配信はなくなりましたが。
    2016年08月05日 00:56
  • あかんねん

    そんじゃあTBSラジオクラウドから直接にダウンロードできないんでしょうか!?
    例えばVideo DownloadHelper等を利用する方法です。
    2016年08月05日 21:41
  • dorobune

    あかんねんさんコメントありがとうございます。「Video DownloadHelper」ですか。初めて知りました。ありがとうございます。iTunesで購読→iPodで10年以上使ってきたのでなかなか新しい物に乗り換えるのが面倒で。
    2016年08月06日 10:37

この記事へのトラックバック