ぶら〜りネット探訪

アクセスカウンタ

zoom RSS 第76回桜花賞を見に行った

<<   作成日時 : 2016/04/11 23:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

第76回桜花賞を阪神競馬場に見に行ってきました。今回もSラウンジの席を取ることができました。

レースは道中、後ろから2番手でレースを進めた3番人気のジュエラーが2番人気のシンハライトをハナ差交わし優勝しました。1番人気のメジャーエンブレムは逃げず、1度も先頭に立つことなく4着に破れました。ちなみに表彰式のゲストプレゼンターはJRA-VANのCMキャラクターの藤原竜也でした。藤原竜也は去年のNHKマイルCでもプレゼンターをつとめていました。

ジュエラーは父ヴィクトワールピサ、母バルドウィナ、母の父Pistolet Bleuという血統。デムーロはネオユニヴァース、ヴィクトワールピサそしてジュエラーと親子孫3代でGT制覇を成し遂げています。親子制覇で同一ジョッキーはシンボリルドルフ、トウカイテイオーの岡部幸雄、サクラユタカオー、サクラバクシンオーの小島太などが浮かびます。武豊はディープインパクト、キズナを始めとして一杯あります。親子孫はアグネスレディー、アグネスフローラ、アグネスタキオンの河内洋くらいしか思い浮かびません。

ネオユニヴァースでデムーロが皐月賞で勝った時にサクラプレジデントで2着の田中勝春に入った頭をポンと叩いていたのが印象的でした。ヴィクトワールピサはやはりドバイワールドカップでの勝利が忘れられません。東日本大震災の直後のことでした。

私は阪神JFやクイーンカップの勝ち方からメジャーエンブレムで固いと思っていました。まさかハナを譲ってしまうとは。ルメールにも迷いがあったのかもしれません。今年の春の3歳クラシックはルメールが全部勝つかもと言われていた時期もありましたが、いきなり歯車が狂ってしまった感じですね。来週のサトノダイヤモンドは大丈夫でしょうか。

阪神10レースの馬券を買うときに間違えて11レースの10番アットザシーサイドの複勝を買ってしまいました。フィリーズレビュー2着で6番人気、体重が10キロも減っていたので500円をドブに捨てたと思っていたら、3着に突っ込んできました。血統を見ると母の母が世界を騒がしている「タックスヘイブン」だったので笑えました。

忘れな草賞にまわると思っていたアドマイヤリードが桜花賞の抽選を通り、最後方から追い込んで5着に入ったのも驚きました。しかも上がりがジュエラーの33.0に次ぐ33.2です。オークスも賞金的には厳しいし、小さい馬なのでトライアルを使うのも厳しいですね。ちなみに忘れな草賞はロッテンマイヤー先生が緩い逃げ切りを決めていました。オークスでは穴人気になりそうですがクロフネ産駒で芝2000メートル以上での勝ちありません。
画像


おそらく世間一般的には桜花賞の結果よりも福島競馬場での藤田菜七子騎手の初勝利の方が大きなニュースだったのではないでしょうか。ダートの短距離で先行抜け出し、鮮やかな勝利でした。勝ったサニーデイズは直近の4戦ですべて3着以内に入っている馬でした。今までJRAのレースで藤田菜七子が乗っていた馬はお世辞にも勝ち負けになりそうな馬はほとんどいませんでした。勝ち負けになる馬に乗って結果を出すことは関係者や馬券を買う方にも信頼を得られるようになるので大事なことだ思います。

阪神3レースでも新人ジョッキーの荻野極が初勝利をあげていました。こちらはブービー人気の馬での逃げ切りで単勝43,390円、複勝10,000円という大波乱となりました。3連単は7,792,640円。ウイン5の配当じゃありませんよ。単勝万馬券はたまに見ますが、複勝万馬券は初めて見た気がします。2着が5番人気、3着も6番人気だったので複勝万馬券になったのだと思います。もしも、夏のローカル開催だったらもっと大きな話題になっていたと思います。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第76回桜花賞を見に行った ぶら〜りネット探訪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる