0コメント

第65回フジテレビ賞スプリングステークスを見に行った

第65回 フジテレビ賞スプリングステークスを見に行ってきました。センテンススプリングステークスじゃないよ。

レースは道中、好位のやや後ろを進んだシュタルケ騎手騎乗の4番人気マウントロブソンが逃げ粘るマイネルハニーを交わし優勝しました。1番人気のロードクエストは後方2番手から追いこんで3着でした。

私はマウントロブソンの単勝を200円、複勝を1000円、ミッキーロケットの単勝を300円、複勝を1000円買っていたのでなんとかプラスにはなりました。ミッキーロケットは出遅れが全てでした。金子誠ホールディングスは弥生賞のマカヒキに続いて皐月賞トライアル2勝となりました。金子誠ホールディングス恐るべし。ちなみに2001年には渡辺孝男氏が所有したアグネスタキオンが弥生賞、アグネスゴールドがきさらぎ賞、スプリングステークスを勝っています。

2番人気のドレッドノータスはパドックからうるさい所を見せていて、全くいい所なく7着。重賞初騎乗となった藤田七菜子騎手のモウカッテルは果敢に先行しましたが9着でした。ディープインパクト産駒が1着、2、3着はマツリダゴッホ産駒という結果でした。

マウントロブソンはクロフネの近親で芦毛ということもあってクロフネと比較してみたくなります。芝のレースは2000メートルが限界なのか?ダートの適正はどうなのかという点も気になります。前走のあすなろ賞、今回のスプリングSの先行して直線で抜け出すところはクロフネの芝のレースぶりに似ているようにも見えます。

皐月賞の有力馬はマカヒキ、サトノダイヤモンド、エアスピネル、マウントロブソン、アドマイヤダイオウがディープインパクト産駒、リオンディーズがキングカメハメハ産駒、そしてマイネルハニーとロードクエストがマツリダゴッホ産駒、ナムラシングンがヴィクトワールピサ産駒です。最近では珍しくはありませんがリオンディーズも含めて全部サンデーサイレンスの血が入っている馬たちです。本番で先行するのは恐らくマイネルハニー、マウントロブソンくらいであとは中団より後ろになると思うので皐月賞は波乱があるのではないか思います。マカヒキはデビュー戦を見ているのでちょっと思い入れがあります。

スプリングステークスの優勝レイにはしっかりとフジテレビの目玉マークが入っていたのには驚きました。NHKマイルCの優勝馬が着る馬服にはNHKのロゴマークは入っていたのは記憶にありますが優勝タレにNHKのロゴマークが入っていたかは覚えていません。青葉賞はテレビ東京杯ですがテレ東のロゴがどうなっていたか覚えていません。テレ玉杯、千葉テレビ賞、TVK賞は重賞レースではないので優勝レイはありません。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック