5コメント

キング・クリムゾンのライブを見に行った

12月9日、オーチャード・ホールで行われたキング・クリムゾンのライブを見に行ってきました。キング・クリムゾンのライブを見たのは今回が初めてです。

感動しました。私にとってキング・クリムゾンは一番好きなバンドというわけではなく、アルバムも全部聞いているというわけでもないのですが演奏の素晴らしさに感動、感激してしまいました。

ロバート・フリップが動いている姿、ロバート・フリップのギターが聞けるだけでも良かったのですが、ベースがトニー・レヴィンといのもありがたかったです。そして、今回はドラムが3人という変則的な編成でした。まぁ、ダブル・トリオの時期もあったので今回のドラムが3人という編成もそんなに特別なことではないのかもしれません。ドカドカうるさいプログレ・バンドという感じでした。

3つのドラムセットが舞台の前方にあり、ロバート・フリップやトニー・レヴィンなどは舞台の後ろで演奏するという配置がとても不思議な感じでした。トニー・レヴィンは体がデカくてベースがギターのように見えました。トニー・レヴィンがチャップマン・スティックを使ったのは1曲くらいしかなかった気がします。アップライトのエレクトリック・ベースなども使っていました。トニー・レヴィンのベースの音色は意外と丸く重いのですが、ゴツゴツした感じはありませんでした。

『エピタフ』、『21世紀の精神異常者』、『クリムゾン・キングの宮殿』、『レッド』、『スターレス』といった代表曲が演奏されて大満足でした。個人的には『放浪者 – Exiles』が演奏されたのが嬉しかったです。欲を言うと『ディシプリン』や『待ってください』も聞きたかったですね。

ジャッコ・ジャクスジクのボーカルは全く違和感はありませんでした。『エピタフ』も『スターレス』も『21世紀の精神異常者』も歌いこなしていました。ツアーパンフでジャッコ・ジャクスジクの姿を確認したら20年くらい前のジミー・ペイジという感じでした。

ツアーパンフのトニー・レヴィンがチャップマン・スティックが描かれてTシャツを着ている写真や今回のメンバー7人となぜか山羊が写っている写真が良かったです。山羊と写っているしゃる写真でのロバート・フリップの満面の笑顔が特に良いですね。

客席は9割くらい埋まっていました。客席のスーツ率はかなり高かったです。アンコール前だったかにスマホなどでの撮影がOKとなるコーナーがありました。トニー・レヴィンがカメラをかまえると撮影がOKになるというサインでした。

7時15分くらいにスタートして9時30分くらいに終演となりました。今回のツアーは東京、大阪、名古屋そしてなぜか高松も行くそうです。ロバート・フリップが讃岐うどんを食べるために高松に行くのではないかという噂があります。


2014 Live Ep

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • Log

    こんにちは。その香川からのコメントです。
    始まって4曲目ぐらいに、最前列の客が盗録で強制退場になりました。
    最初、左側のスピーカーの陰で外人スタッフが客席を指差しているから、何をしているんだろうと思っていたら、日本人スタッフが最前列の客の所に行って話しかけた次の瞬間、外人スタッフ2人が腕をつかんでドアの外に連れて行きました。
    おそらく御一行様が泊まったのは向かいのクレメントホテルだと思いますが、うどんを食べたとしたら、空港か、会場に着くまでのどこかの店、ホテルの日本料理店ぐらいでしょう。ホテルの周りにもうどん屋はありますが、美味い店は無いので、わざわざ出かける意味は無いでしょう。
    ドラム3台のアンサンブルはすごかった。メル・コリンズのサックスも艶があってさすがだった。
    2015年12月21日 12:25
  • dorobune

    Logさん、香川からコメントありがとうございます。緊迫感あふれるライブレポートがたまりません。客の入りがどの程度だったのかも気になります。高松のクレメントホテルの近くのうどん屋は美味いところがないという貴重な情報もありがたいです。
    2015年12月21日 23:34
  • Log

    どうもありがとうございます。うどんの話から入りますが、駅周辺は立ち食いとか、JR四国がやっている店ぐらいしかありません。時間が無い時(列車時刻が迫っている時など)に食べるなら良いが、何度も通うレベルではありません。
    インターネットで地図を見て頂きたいのですが、香川県は3つの地域に分かれます。西讃、中讃、東讃。高松市は中讃(ちゅうさん)に位置しています。うどんが美味いのは、丸亀市から西の西讃地域です。西の端に位置する観音寺市(かんおんじし)はかなり美味いです。要因としては、観音寺市の沖合にある伊吹島のいりこ(カタクチイワシの稚魚)がうどんの良いだしになるからです。「恐るべきさぬきうどん」という、うどん通が書いたとされるガイドブックに載っている有名店でも、業務用のだし(化学調味料ベース)を使っている店が結構あります。それは一口だしを飲めばすぐ分かります。スーパーで売っている生うどんに添付されている液体つゆと同じ味ですから。
    中心部のうどん屋にも種類があって、7時頃から開店して18時ぐらいまでの店。これはサラリーマンとか一般客相手ですね。
    夕方から開けて午前3時ぐらいまで、飲んだ帰りの客相手の店(あまり美味い店はありません。飲んだ後の締めに便利な事ぐらいで)。
    美味い店は郊外になるのですが、中心部だと栗林公園の向かいにある「上原屋」が美味いです。宇多田ヒカルがN.Y.に送ってもらっていると言う。
    美味いうどんの条件は、麺、だしとかいろいろありますが、やっぱり「ゆでる火力と湯の量」だと思います。大きな釜で、もうもうと湯気を吹き上げながらうどんをゆでる。それを網で取って、流水でよく洗い、麺を締める(これでコシが出ます)。
    業務用のシンクなんかで、フツフツぐらいしか沸騰していないのでは、美味いうどんにはなりません。
    これでうどん講義終了と致します。

    2015年12月22日 08:37
  • Log

    会場の物販コーナーを見ると、既に持っている物や、いつでも買える物ばかりだったので、パンフレットとElements 2015を買いました。ElementsにCDが入っている事を最初は知らなくて、後から未発表曲とかたくさん入っている事が分かり、これは内容的にも良い買物になりました。
    特に、A Peacemaking Stint Unrollsという曲はジャズっぽいセッションで気に入りました。
    お客さんの入りは9割ぐらいで、私は11列目だったのですが、前方を見ると所々空席があり、後ろを見ると最後列とか2階席、3階席で見ている人もいて、それなら何で前から詰めて売らないのかと思いました。
    私は双眼鏡を使いましたから、ロバートが合間合間でキーボードを弾いている様子とか、マステロットが指で電子パーカッションを叩いている様子がよく分かりました。
    少し前に「007 スペクター」を観ていて、ドラムのアンサンブルを聴きながら、イタリアでの猛烈なカーチェイスのシーンを思い浮かべていました。
    それと、ロバートのギターシンセの音、ドラマーの電子ドラムの音がすごくリアルで、日本人ならいかにもチープな音になる所だが、さすがだなと思いました。
    客入れの時の音楽(チェロのような環境音楽)は、実はロバートのギターシンセによる物らしく、その演奏のCDが欲しくなりました。

    2015年12月22日 08:57
  • dorobune

    Logさん、うどんの講義と詳細な高松でのライブレポートありがとうございます。
    恥ずかしながら私は四国には一度も行ったことがありませ。サンライズ瀬戸に乗って四国には行ってみたいと思っています。「上原屋」は関西に支店もあるみたいですね。
    高松でのキング・クリムゾンの客の入りが9割と聞いてほっとしました。私はオーチャード・ホールの2階席で見ていたので
    ステージ上の細かい部分は見えませんでした。トニー・レヴィンがベースまた変えたことくらいしか確認できまんでした。
    2015年12月23日 10:35

この記事へのトラックバック