2コメント

『百日紅 (上)』を読んだ

杉浦日向子の漫画『百日紅 (上)』を読んで見ました。この漫画は原恵一監督、Production I.Gの制作で『百日紅 〜Miss HOKUSAI〜』としてアニメで映画化されています。

杉浦日向子と言うとNHKの『コメディーお江戸でござる』に出演していたのと荒俣宏と結婚していたことくらいしか知りませんでした。今回、『百日紅』が映画化されたので原作の漫画はどんなものかと思い読んでみました。1983年から1987年にかけて『漫画サンデー』に連載されていたそうです。杉浦日向子が亡くなってす今年で10年経つようです。

『百日紅』は一話完結の短編集で葛飾北斎こと鉄蔵とその娘、お栄、弟子の善次郎が話の中心ですが、この三人は狂言回し的なキャラクターでもあり、ゲストキャラクターが主人公になる話も多くあります。

時代が江戸時代で舞台も貧乏長屋だったりするので落語みたいな話もけっこうあります。アニメと決定的な違いは艶っぽい話が多いことですね。善次郎はアニメのデザイよりもいい男で印象が全然違いました。

『春浅し』というエピソードには鉄蔵の二男の多吉郎が登場します。多吉郎は御家人の家に養子に入り、元服したということで鉄蔵に挨拶にやって来ます。多吉郎は鉄蔵には似ず堅物のため、鉄蔵と善次郎で元服祝いに茶屋の女をあてがってやろうとする展開になります。これは落語の『明烏』と同じ様な話ですが、さすがにオチがは『明烏』とはちょっと違いました。

鉄蔵と女弟子がスッポン鍋を食う『女弟子』という話は女弟子のエロさと人間がスッポンになるグロいシーンが非常に印象的でした。魚屋がスッポンをさばくシーンは伊丹十三の『タンポポ』を思い出しました。ちなみ『タンポポ』の公開は1985年でした。

『人斬り』ではウナギをさばくシーンがあります。侍だった善次郎の忘れたい過去、トラウマについての話なのですが人斬りよりもウナギをさばくシーンが印象的でした。

『四万六千日』は歌川国直と幼なじみの「源ちゃん」が浅草寺のほおずき市で偶然再会する話で、勘当になった若旦那が船頭になる話ではありませんでした。この話の国直は落語に出てくる左甚五郎的なキャラクターでした。

一つ一つの話はけっこう短く一読するとあっさりした印象ですが、何度か読みなおしてみると色々と細かい発見や視点を変えると見えてくるものが違ったりする漫画でした。鉄蔵が善次郎が地べたに寝そべったり、屋根の上に上がったりすることで見えるものが変わってくることを実際にやってみて教えるシーンもありました。


百日紅 (上) (杉浦日向子全集 (第3巻))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • 唐変木

    当然のように下巻も読もうとなっただろうか、進撃の巨人の前編を見るに当たり、後編を見ることを前提に見るけども、後編を心待ちになるような胸が躍る思いになると信じて見たのに、後編を見るなら他の映画をチョイスした方がいいかなと思ってしまった気持ちを何とか、dorobune氏の執筆力で後編を見るべき根拠を上げてもらえないかな!?
    2015年08月02日 16:54
  • dorobune

    唐変木さん、毎度コメントありがとうございます。『百日紅』の下巻はもちろん読みます。
    『進撃の巨人』ですか。私は原作の漫画は全く読んだことはありません。『バラいろダンディ』を録画したつもりがアニメ版の『進撃の巨人』が録画されてしまったことがあります。結局、見ないまま消してしまいました。『進撃の巨人』だから見る気が起こらないんじゃないでしょうか?『スター・ウォーズ』の新作を一足先に見に行けると思えば少しは気分が軽くなると思います。あなたのフォースの力で『進撃の巨人』を『スター・ウォーズ』に変えてください!シュールに負けるな!私は『CASSHERN』、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、『あしたのジョー』、『ひみつのアッコちゃん』といった漫画、アニメの実写映画を見てきました。劇場での苦い体験も、今となってはいい思い出です。
    2015年08月03日 22:50

この記事へのトラックバック