4コメント

『ザ・プロレスリング完全版~日本プロレス激闘60年史』を聞いた

ビクター・エンターテインメントから2012年にリリースされた『ザ・プロレスリング完全版~日本プロレス激闘60年史』を聞いてみました。

プロレス選手の入場テーマ曲を集めたコンピレーションアルバムです。この手のCDによくあることですが、全17曲中オリジナル音源の曲は9曲です。ほとんどの曲はThe Pro-Wrestling All Starsという謎の覆面バンドによって演奏されてます。

ジャイアント馬場の『スポーツ行進曲 』に始まり、テリー・ファンクの『WE LIKE TO ROCK』で終わります。もちろん新日本プロレスに所属していたアントニオ猪木の『炎のファイター』、長州力の『パワー・ホール』、前田日明の『キャプチュード』といった曲も収録されています。

ジャイアント馬場の『スポーツ行進曲 』はリアルタイムで見ていた時は違和感がありましたが、今にして思えば、実に馬場にピッタリなテーマ曲ですね。あの当時は日テレの巨人戦のテレビ中継が始まるときにもこの曲が流れていました。TBSも似たようなスポーツテーマがありました。TBSのスポーツテーマを聞くとキックボクシング中継を思い出します。ちなみにNTVスポーツテーマの作曲は黛敏郎です。黛敏郎はテレ朝の『題名のない音楽会』の司会での印象が強いですね。黛敏郎は保守と言うか右翼的な思想の人でした。

今では『5時に夢中』で黒船特派員のテーマとして使われているアンドレ・ザ・ジャイアントのテーマ曲『ジャイアント・プレス』が収録されていました。残念ながらこれもカバーでした。『5時に夢中』で使われているのはおそらくオリジナルだと思います。音の「重さ」が違います。

ブックレットでは1曲ずつ解説が書かれていて、オリジナル曲を演奏しているミュージシャの紹介も簡単ですが書かています。ロード・ウォリアーズのテーマ『アイアン・マン』では「イギリスのアート・ロックの元祖”ブラック・サバス”」と紹介されていたのが笑えました。ブラック・サバスはハード・ロックの元祖ですね。アート・ロックだとサイケデリックな方ですよね。

『アイ・オブ・ザ・タイガー』はハルク・ホーガンのテーマ曲として紹介されています。確かに『アイ・オブ・ザ・タイガー』も使われていました。この曲が主題歌だった『ロッキー3』にホーガン自身も出演していましたが、私としてはケリー・フォン・エリックのテーマ曲としての印象のほうが強いですね。この曲もカバーでなぜかボーカルは女性のようです。今、虎の目というと徳洲会を率いる徳田虎雄をの目が浮かんできます。

前田日明の『キャプチュード』がイギリスのプログレバンド、キャメルというバンドの曲というのは初めてしりました。ハード・ロック、プログレの曲とプロレスの親和性の高さを改めて感じます

闘魂三銃士、三沢光晴以降の世代のテーマ曲は既成の曲ではなくオリジナルのインストが多いのはどうしてなんでしょうか?最近は全くプロレスを見ていないので最近のレスラーのテーマ曲はどんかなものか全く分かりません。プロレスとは関係ないけどK-1ではプリンスの『Endorphin machine』、PRIDEではレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの『ゲリラ豪雨』じゃなくて『Guerrilla Radio』が使われていましたね。

テリー・ファンクの『WE LIKE TO ROCK』は1984年のテリーの引退記念に作られたものだそうです。テリー自身が歌っています。いや歌と言うよりも語りという感じです。曲はロックではなく、いかにも80年代という感じのシンセがメインのキラキラした感じのポップスです。テリーは今年、兄のドリーとともに全日本プロレスの両国大会にやってきて試合をしていました。そういえば、ミル・マスカラスとドス・カラスの兄弟も来日して試合をしていました。


ザ・プロレスリング完全版~日本プロレス激闘60年史

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • おねだりにゃー

    プロレスをあつかった代表的な映画は『レスラー』かもしれませんが、日本作品では『いかレスラー』では!? ということで、その監督がメガホンをとったVFX作『地球防衛未亡人』をおねだりにゃー。
    2013年12月10日 13:01
  • dorobune

    おねだりにゃーさんコメントありがとうございます。『地球防衛未亡人』は河崎実監督、壇蜜主演の映画なんですね。同じ様なタイプの映画監督で井口昇の映画は何本か見たことがありますが、残念ながら河崎実の映画はまだ見たことがありません。
    2013年12月10日 23:42
  • なにわのヒバゴン 

    こんにちは。ザ・ファンクスの「テキサス・ブロンコ」も軽快で彼等のパフォーマンス共々大いに楽しませてくれましたよね。日本テレビの全日本プロレス=ジャイアント馬場。今さらながら再認識させてくれる唯一無二の名曲です。
    2016年02月04日 01:30
  • dorobune

    なにわのヒバゴンさんコメントありがとうございます。ザ・ファンクスと言えば日本のロックバンドであるクリエーションの『スピニングトーホールド』が思い浮かびます。昭和のプロレスと言えば現在、雑誌『Number』で連載されている柳澤軒の『1984年のUWF』が注目です。
    2016年02月05日 23:02

この記事へのトラックバック