0コメント

朝ドラ『ごちそうさん』を見ている

NHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』をけっこう楽しく見ています。

『あまちゃん』を録画して見ていたので、録画の設定をそのままにして『ごちそうさん』も録画していました。

東京編は80年代のラブコメ漫画みたいな話であまり面白いとは思えませんでした。最悪な出会いからいつしか恋が芽生えるという展開ですね。ヒロインのめ以子(杏)と悠太郎(東出昌大)のキャラクター以外がボンヤリとした感じがして、倍速で見て丁度いい感じでした。

大阪編になってキムラ緑子演じる義姉、和枝の嫁イビリが酷くてなかなか面白くなってきました。キムラ緑子は『ちりとてちん』では近所の気のいい仏壇屋のオバハンだったのに『ごちそうさん』ではイケズな義姉です。和枝の冷徹なイケズぶりが良いですね。ちょっとめ以子にいい顔をしておいて、無理難題を押し付けるところなどがたまりません。悪役が魅力的だとやはり話は面白くなるし、盛り上がりますね。和枝には実は過去に辛い過去があるのではないかと匂わす演出も良いですね。

大阪編では和枝以外の西門家の人たちもキャラが立っているのも魅力ですね。後妻の静(宮崎美子)は気さくな様で腹の底では何を考えているのか分からない所が不気味ですね。妹の希子(高畑充希)はほとんど何も喋らないという演出の徹底ぶりが効果的ですね。

宮崎美子をクイズ番組以外で見たのは久しぶりな気がします。宮崎美子のドラマ初出演はTBSの朝ドラ『元気です!』ですよね。主題歌を吉田拓郎が歌っていたので覚えています。ドラマの内容は全く覚えていません。

悠太郎の大阪市役所の先輩役にはまたしても徳井優が出ています。徳井優の朝ドラへの出演は何回目なんでしょうか?東出昌大と徳井優の身長差があるコンビは『風立ちぬ』の堀越二郎と上司の黒川を思い出します。『風立ちぬ』の黒川を見たとき徳井優かと思いました。

ホルモン爺さんの酉井捨蔵を演じる近藤正臣はオール阪神かと思いました。近藤正臣は『カーネーション』にも出ていましたね。

東京編は80年代ラブコメ漫画風なら大阪編は昼ドラ風(TBSではなくフジテレビの方)という感じがします。和枝が御膳をひっくり返して床に落ちたメンチカツをめ以子が食べるシーンは典型的な昼ドラなシーンでした。本物の昼ドラなら床に落ちたソースも舐めるシーンもあったかもしれませんね。和枝とめ以子は簡単に分かり合ったりしない方がドラマとしては面白いのですが、どうなっていくのでしょうか?

『ごちそうさん』を見ていたら、再放送で見た花登筐の『あかんたれ』を思い出しました。ご寮さんが和枝で秀太郎がめ以子という感じでしょうか。『あかんたれ』は志垣太郎の出世作として有名ですが、昼ドラなのに小山明子、中村玉緒、中村嘉葎雄が出演していました。花登筐は朝ドラの『鮎のうた』も書いていました。『鮎のうた』は山咲千里のデビュー作のようなもので、山咲千里もちろん今とはキャラは全く違う清純派でした。『鮎のうた』をウィキペディアで調べてみたら放送期間は1979年の10月から1980年の3月まででヒロインの父親役が高田次郎で母親役がなんと吉永小百合でした。このドラマもやっていたのは記憶はありますが内容までは覚えていません。

NHK連続テレビ小説 ごちそうさん 上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック