0コメント

『宮崎アニメ The BEST』を聞いた

スタジオジブリ作品、宮崎駿監督作品の主題歌、挿入歌などを集めた『宮崎アニメ The BEST』を聞いてみました。

『宮崎アニメ The BEST』というタイトルもかなり乱暴ですが、ジャケットのデザインもかなり乱暴です。ナウシカ、トトロ、パズーとシータ、キキとジジ、マルコ・パゴット(紅の豚、ポルコ・ロッソ)がコラージュされたジャケットはかなりテキトーなやっつけ仕事といった感じで、これはこれで貴重です。

『風の谷のナウシカ』、『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『魔女の宅急便』、『紅の豚』の曲が収録されています。もちろんインストゥルメンタルの曲は全部、久石譲の作品です。

このCD取り上げられている映画は全部見ています。ナウシカは「なんどめだナウシカ」とネタにされるくらいテレビ放送されていますね。『オープニング~風の谷のナウシカ』と『エンディング~鳥の人』を改め聞いてみて、ちょっと驚いたのは演奏時間が意外に短いということです。オープニングにしてもエンデイングにしても少なくても5分以上はあると思っていたのですがオープニングは4分41秒、エンデイングは3分50秒でした。2曲ともスケール感があり、エンデイングは途中からかなり曲調が変わるのも驚きです。それにしても安田成美の歌はいつ聞いても下手ですね。

『天空の城ラピュタ』の劇伴は意外と私は覚えていなとことに気がつきました。ラピュタは全般的に悲壮感が漂う感じ私の趣味ではありません。どうでもいい話ですが、ジブリの映画でラピュタが一番面白いと言うと通な感じがする風潮があるような気がします。

トトロの『風のとおり道』はアコースティック・バージョンが収録されています。メインのメロディーがちょっと和風な感じが良いですね。タイトルどおりに涼しいさが伝わってきて夏にはぴったりな曲です。

私がジブリのサウンドトラックで一番好きな曲は『魔女の宅急便』の『海の見える街』なんですが、このCDでは井上あずみが歌う『めぐる季節』として収録されています。オリジナルももちろん好きですが、バンバンバザールがウクレレでカバーしたバージョンやピアニカ前田がピアニカでカバーしたバージョンも素敵です。一番好きなのはピアニカ前田のバージョンですね。ピアニカの音色と切ないメロディーがぴったり嵌った感じです。歯切れの良いリズムもいい感じです。

『紅の豚』からは『アドリア海の青い空』と『マルコとジーナ』が収録されています。残念ながら加藤登紀子が歌った『時には昔の話を』は収録されていません。おそらく大人の事情なんでしょうね。

宮崎アニメ The BEST
宮崎アニメ The BEST

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック