2コメント

『華麗なるギャツビー』を見た

F・スコット・フィッツジェラルド原作、バズ・ラーマン監督、レオナルド・ディカプリオ主演の『華麗なるギャツビー』を見ました。

バズ・ラーマン監督でディカプリオ主演の映画は以前『ロミオ+ジュリエット』という映画がありました。サントラが面白い映画でした。プリンスの『ビートに抱かれて』(When Doves Cry)のカバーやカーディガンズの『Lovefool』が使われていました。今回の『華麗なるギャツビー』でもサントラが楽しみでした。

1920年代の話しなのに現代のヒップホップが使われているということは知っていました。トビー・マグワイアが演じるニック・キャラウェイの回想シーンから映画は始まりますが、この辺はさすがにヒップホップはかかりません。ギャツビー邸のパーティーシーンでジェイ・Zの曲がかかり、パーティーシーンでは、ちょっとジャズぽい感じも取り入れたヒップホップがかかっていました。

一番驚いたのはエイミー・ワインハウスの『Back to Black』が使われていたことです。オリジナルではなくビヨンセとアンドレ3000のカバーでアレンジはオリジナルとは全く違う感じで、知っている曲がかかっているけどなかなか『Back to Black』とは気がつきませんでした。

あとで調べてみたらロキシー・ミュージックの『Love Is The Drug』も使われていて、ブライアン・フェリーとブライアン・フェリー・オーケストラの新録でした。

3Dで見ました。前半のパーティーシーンはとにかく成金趣味的な豪華絢爛さが凄いです。ディカプリオが登場して「I'm Gatsby」と言うと後ろで花火が打ち上げられるのが笑えます。夜空をバックにディカプリオが喋るときの空の超現実的な感じも不思議な感じでした。ギャグ漫画や昔の少女漫画をCGを使って実写化したみたいな感じですね。バカバカしいところのイメージは『うる星やつら』に近いものを感じます。しかし、中盤以降は目が慣れてしまうのと話が地味になっていくので3D効果は薄くなっていきます。

見終わった後にTBSラジオ『たまむすび』で町山智浩がこの映画を紹介しているのを改めて聞いたら、ディカプリオが怒るシーンで、ヤカンが沸騰しているようなSEが入っていると言っていましたが私は気がつきませんでした。

中瀬ゆかりがトム・ブキャナン役のジョエル・エドガートンが世界のナベアツに似ていると言っていましたが、確かに似ていました。町山智浩はキャリー・マリガンと小坂めぐるが似ていると言っていました。これも似ている。キャリー・マリガンはホクロが色っぽくて印象的です。あと困った顔もいいですね。

貧乏な男がある女に恋をするが、その女は金持ちの男と結婚してしまう。貧乏な男は一念発起し、汚い仕事にも手を染めながら大成功し、自分を捨てた女を振り向かせようとするお話。このあらすじを聞いた時私は『金色夜叉』を思い出しました。『金色夜叉』は読んだことありませんが。

宮崎駿の『風立ちぬ』の予告もやっていました。けっこうグッと来るモノがありました。荒井由実の『ひこうき雲』がかなり反則ですね。宮崎駿は自分で泣いたと言っていたみたいですね。庵野秀明がセリフはやっぱり庵野秀明そのものでした。どうせなら『巨神兵東京に現わる』をもう一回『風立ちぬ』と同時上映して欲しいものです。

華麗なるギャツビー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • おねだりにゃー

    是非とも『100回泣くこと』のレビューをしてもらいたく、その思いから書き込ませてもらいました。
    興行成績がこの書き込みの時点で2位で1位のアフター・アースを抜き去る勢いで3位の華麗なるギャツビーを遠く引き離している状態だからたぶん。
    1個ぐらいは涙腺を刺激するエピソードにタオルを持参しなかったことを後悔する傑作のはず。
    そしてレビューを書こうと思い出すだけで涙で画面が見れなく書けないで終わりそうですが。
    なので見る前から見たことを後悔するだけでなく怒りで血圧が上がるようなのは御免こうむるなんておっしゃらないで。
    2013年07月02日 14:15
  • dorobune

    おねだりにゃーさんコメントありがとうございました。『100回泣くこと』の予告を見てみました。凄い凝った映像と演出で面白そうな映画ですね!貴重な情報ありがとうございます。
    2013年07月02日 21:20

この記事へのトラックバック