0コメント

『シュガー・ラッシュ』を見た

リッチ・ムーア監督のディズニー・アニメ『シュガー・ラッシュ』を見ました。

去年、TBSラジオ『たまむすび』で町山智浩がテレビ・ゲーム版『エクスペンダブルズ』と紹介していました。山里亮太は町山智浩の話を聞いてテレビ・ゲーム版『アベンジャーズ』と言っていました。

『トイ・ストーリー』のようにテレビ・ゲームのキャラクターにも生活があり、ゲームセンターが閉店すると仕事が終わり、飲みに行ったり、自分の家に帰って寝たり、電源ケーブルを通って他のゲームの世界を行ったりできるという設定。主人公は『フィックス・イット・フェリックス』というゲームの悪役キャラのラルフ。ラルフは『フィックス・イット・フェリックス』の30周年パーティーにも呼ばれず、いつも孤独で、悪役という仕事にも飽きていた。ラルフはメダルを獲得し、ヒーローになろうと『ヒーローズ・デューテ』の世界に入り、メダルを獲得するが、『シュガー・ラッシュ』というゲームに迷い込み、そこでヴァネロペという少女にメダルを奪われてしまい、さあ大変というお話。

懐かしいテレビ・ゲームのキャラクターが映画のスクリーンに現れるのは嬉しいし、楽しかったですね。パックマン、ソニック、クッパ、ザンギエフ、ベガなどなど。確かに『エクスペンダブルズ』みたいな感じはありました。でも、あくまでもメインのキャラはラルフやヴァネロペなどのこの映画のオリジナルのキャラでソニック、クッパ、ザンギエフがアセンブルして戦うシーンは残念ありません。

ただ懐かしいキャラをスクリーンで見るという映画ではなく、お話も凄く良く出来できいて中盤以降は懐かしキャラのことは頭から消えてストーリーに引きこまれてしまいました。特にクライマックスでのラフルの行動と台詞にはグッと来るものもがあり胸が熱くなりました。

ヴァネロペがデザインも性格も非常に可愛いところもこの映画の魅力です。ネットレビューで小生意気でワガママすぎると感想をよく目にしますが、そこがいいんじゃない!と思います。デザインや性格はハクション大魔王』のアクビちゃんを思い出しました。髪の色や髪型は『世界にひとつのプレイブック』のジェニファー・ローレンスにも似ていますね。どん底の二人が力を合わせ這い上がる所もなんだか似ています。

プログラムのバグ(不具合)と思われていたモノが実は意図して作らたものだったという所は『機動警察パトレイバー the Movie』や『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』を思い出しました。

『ヒーローズ・デューテ』の世界観は最近の最新のゲームをイメージしているようですが、私には『エイリアン2』と『スターシップ・トゥルーパーズ』をイメージしているように見えました。サイバグにラルフがビショップのように真っ二つに裂かれて、フェリックスが直してくれるシーンを期待しましたがさすがにディズニー・アニメなのでそんなシーンはありませんでした。

この映画は8ビットのテレビ・ゲーム風エンドロールも凄く楽しくて最高でした。あのエンドロールだけでも一見の価値があります。『シュガー・ラッシュ』の前に上映されるも短編アニメ『紙ひこうき』も小洒落感じで素敵でした。あの手のアニメは日本ではちょっとお目にかかれませんね。

Wreck It Ralph 邦題「シュガー・ラッシュ」(輸入盤)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック