0コメント

第53回 宝塚記念はオルフェーヴルが優勝

阪神競馬場で行われた、競馬のGⅠレース宝塚記念は1番人気で昨年の三冠馬のオルフェーヴルが優勝したそうな。

ダービーからオルフェーヴルの単勝は買い続けていましたが、春の天皇賞(11着)での全く見せ場もない走りと池江調教師の仕上がりは7割とコメントしていたので、単勝もオルフェーヴル絡みの馬券も一切買っていませんでした。

レースは逃げ宣言をしていたネコパンチが大外から先頭をに立ち、1000メートル通過が58秒台という速いペースでした。オルフェーヴルは道中、中団からやや後ろといった位置取りでした。4コーナーでは馬群に突っ込むようの形になりましが、ルーラーシップやショウナンマイティといった有力馬が外をまわったため、馬場の内側がポッカリと開いて、そこをオルフェーヴルが一気に突き抜けて、2着のルーラーシップに2馬身差をつけて完勝しました。

オルフェーヴルは3コーナーくらいから外を捲くって豪快に突き抜けるという、レースぶりが多かったので、今回の内をすくって「技あり」的な走りは正直、意外な感じがしました。皐月賞のゴールドシップの勝ち方にちょっと似た感じの勝ち方でした。ステイゴールド産駒は道悪や馬場が荒れても苦にしないので、できる芸当ですね。

最内を突いた3歳馬のマウントシャスタが5着に粘ったのも印象に残りました。4コーナーを回ったところで先頭に立ち、脚色もそんなに悪くなかったので、「もしかしたら3歳馬による宝塚記念初制覇か」と思いました。この馬はディープインパクト産駒です。

ルーラーシップが2戦続けて連帯したのは新馬→若駒ステークス以来ですね。ウイリアムズ騎手は府中のGⅠレースでは先行して持たすというレース運びが目立っていましたが、ペースが早かった今回の宝塚記念では中団に控えて、直線勝負に賭けるというレース運びで、負けはしましたが、好判断だったと思いました。しかし、インタビューを読むとスタートに失敗したようで本当はもっと前に付けたかったようです。

前哨戦の鳴尾記念を勝って、今年は夏場も走ると思わせていたトゥザグローリーは見せ場なく12着でした。福永祐一もマイルよりも長い距離の混合戦のGⅠはまだ勝っていないようですね。

オルフェーヴルは宝塚記念を勝ったので凱旋門賞に挑戦するのでしょうか?斤量の関係での凱旋門賞は3歳馬が圧倒的に有利なレースです。しかし、日本の調教馬で2着になったエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタは4歳でした。レース直後の池江調教師のインタビューでは凱旋門賞への出走は明言していません。今回は本当に半信半疑の出来だったようです。ドリームジャーニーとの兄弟制覇が嬉しいと語っていました。有馬記念に続いてのグランプリ兄弟制覇でした。

パドック、レース運び、レース直後のオルフェーヴルを見ているあまりにも落ち着きすぎていて、別の馬かと思えてました。

話は全く変わりますが、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスには日本ダービーを勝ったディープブリランテが出走を予定しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック