0コメント

『なぜ家族は殺し合ったのか』を読んだ

佐木隆三の『なぜ家族は殺し合ったのか』を読んでみました。

この本は2002年に発覚した北九州監禁殺人事件について書かれたものです。この事件についてはニュースやワイドショーで事件の概要については知っていました。映画『冷たい熱帯魚』のネットのレビューを見ていると、北九州監禁殺人事件も映像化して欲しいという書き込みがあったので興味を持ち、この本を読んでみました。

17歳の少女監禁事件が発端となり、7人の殺人事件が発覚したこの事件。容疑者とした逮捕された2人の男女が警察の取り調べに対して黙秘を続けていたことは私も記憶に残っています。松永太と緒方純子は裁判が始まっても途中までは黙秘を続けていたことがこの本で分かりました。

この事件で殺されたのは監禁されていた少女の父親、緒方純子の父母、妹夫婦、妹夫婦の2人の子供の合計7人。この他に北九州に住んでいた主婦も娘と監禁されていたが、自力で逃げ出すことに成功、娘もなぜか松永らによって解放されています。

この本は「少女監禁」、「一家殲滅」、「死刑求刑」の3章から構成されています。基本的に当時の裁判記録をもとに書かれているようで、佐木隆三自身の主観や感想は「はじめに」と「死刑求刑」に書かれているのみです。その為、松永太と緒方純子の容姿については服装などを除いて具体的な記述はほとんどありません。

前半の少女と主婦の監禁は一家殲滅に比べるとそれほどショッキングな内容ではありませんが、一家殲滅まで読み進めていくと残酷な描写に慣れたというか麻痺したような状態になり、不謹慎ですが殺人や死体解体が作業のように感じられるようになってきます。この感覚は『冷たい熱帯魚』を見たり、『共犯者』を読んだりしたときにも途中で感じました。

詐欺師であり人の心を自在にコントロールすることができる点でこの事件の松永と埼玉愛犬家連続殺人事件の関根元は似ているように感じました。しかし、裁判記録などの客観的な事実のみで語られているためか、松永がなぜこのような凶悪な事件を起こす人間になったかという所にほとんど分かりませんでした。

松永は小倉生まれで、柳川市に転居しています。家業の布団販売業を「ワールド」という社名に変えて継ぎます。ワールドでは社員を暴力で支配し、詐欺的な商売をしていたそうですが、すぐに破綻、今回の事件に繋がっています。

緒方純子については、被害者が緒方純子の家族でもあることから、松永よりも家族との関係など詳細に書かれています。

松永が緒方純子やその家族の心を自在にコントロールし、お互いに猜疑心を抱かせ、家族の繋がりを完全に切ってしまうところは凄い。電気ショックという暴力を使いコントロールしていますが、最終的に一家殲滅まで行きつくとは。

この事件は埼玉愛犬家連続殺人事件と同様に死体は徹底的に解体されています。最初の被害者である監禁された少女の父親の死体は緒方純子と少女が3ヶ月かけて解体しています。この時、緒方純子は妊娠中で、解体が終わるとすぐに出産したそうだ。

なぜ家族は殺し合ったのか (プレイブックス・インテリジェンス)
なぜ家族は殺し合ったのか (プレイブックス・インテリジェンス)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック