0コメント

サクラバクシンオーが亡くなる

スポーツ報知によりますと、日本の短距離界に、数々の活躍馬を送り出した名種牡馬サクラバクシンオー(22歳)が30日午前11時頃、北海道安平町の社台スタリオンステーション(SS)で心不全のため急死したそうな。

メジロ牧場の解散に続いて、ショックなニュースでした。サクラバクシンオーは93年、94年のスプリンターズステークスを連覇した名スプリンターで、種牡馬としてもショウナンカンプ、グランプリボスというGⅠ馬を輩出しています。

私が競馬を生で初めて見たのは、サクラバクシンオーが出走したニュージーランドトロフィー。バクシンオーの生の走りを見たくて府中まで出かけてみました。

当時のニュージーランドトロフィー府中の1600メートルで、クラッシックに外国馬の出走権がなかった頃のNHKマイルC的な位置づけで(GⅡですが)、外国産馬と短距離馬が出走するレースでした。ちなみにNHK杯は2000メートルでダービートライアルでした。バクシンオーは3番人気でしたが、距離が長く、逃げ潰れて7着、1着はシンコウラブリイ、2着はヒシマサル、3着はエリザベスローズ。シンコウラブリイは後にマイルCSを勝ちましたが、繁殖牝馬としてはサッパリですね。3着のエリザベスローズはフサイチゼノン、アグネスゴールド、リミットレスビッドといった重賞勝ち馬を産んでいます。

私はどちらかと言えば、本格化する前のバクシンオーよりも4歳のときの逃げ一辺倒で危うさのある頃が好きでした。この馬は1400メートルまではほぼ完璧で、1400メートル以下で負けたのは92年のスプリンターズステークスのみ。(勝ったのはニシノフラワー)逆に1600メートル以上の勝ち星は1つもありません。安田記念とマイルCSはどちらもノースフライトに負けていました。安田記念のステップレースで中山のダービー卿チャレンジトロフィーに出走しているのが不思議でした。普通なら京王杯SCを使うところですよね。ダービー卿CTを使うのを見て安田記念には出ないものと思ったのですが、出走していきたので驚きました。

この馬の種牡馬としての能力、成績もすばらしいものがありました。産駒は仕上がりが早く、勝ち上がり率も高く、常にリーディングサイアーランキングのトップテンにランクされていました。産駒はバクシンオーの競走成績と同じく1400メートルまでしか距離が持たない馬がほとんどです。2003年のウインクリューガーが勝ったNHKマイルCには3頭くらいバクシンオー産駒出走していたはず。サンデーサイレンス系以外の種牡馬でGⅠレースに複数の産駒を出走させられる内国産種牡馬はバクシンオー以外、ちょっと思いありません。勝ったウインクリューガーはタイキシャトル産駒で、GⅠ勝ち馬なのにマイルC以降は平地競走では勝ち星があげられず、最後の勝ち星は障害未勝利というなかなか味のある馬でした。2ちゃんではウインガーと大人気でした。ちなみにバクシンオーは中山大障害、中山グランドジャンプを勝ったブランディスも送り出しています。

今年のマイルCには朝日杯を勝ったバクシンオー産駒、グランプリボスが出走する予定です。雰囲気的には弔い合戦みたいな感じで1番人気になりそうな気配があります。93年にさくらコマース(サクラの冠号の馬主)の全演植さんが亡くなったときは朝日杯の行われる週で、私はサクラエイコウオーの単勝をしこたま買ったのですが、14着に沈みました。サクラの馬がGⅠを勝ったのは翌週のバクシンオーでした。

バクシンオーのレースをオススメの動画は94年の毎日王冠です。バクシンオーは4着ですが、出走メンバーの中途半端な豪華さがたまりません。このレースを勝ったネーハイシーザーはこの後、天皇賞(秋)を勝ちます。マチカネタンホイザ、ナイスネイチャ、ホクトベガなども出走しています。B級な感じがしますが、このレースの出走馬はすべて重賞勝ち馬でGⅠ勝ち馬はバクシンオーを含めて3頭。フジヤマケンザンはこの後、香港で香港国際カップに勝っていたりします。

ご冥福をお祈りします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック