0コメント

紅白にナイアガラ・トライアングルが出場か?んなわけネーヨ

Zakzakによりますと、大みそかの第61回NHK紅白歌合戦。K-POP勢の進出が予想される中、日本人のサプライズ出演はないのか。実は昨年の矢沢永吉(61)に続く、大物の出演情報が飛び込んできたそうな。 ニューミュージックの旗手である大瀧詠一(62)、佐野元春(54)、杉真理(56)によるユニット「ナイアガラ・トライアングル」の初出場が濃厚だそうな。

この季節にありがちなヨタ記事ですね。この手の記事を読むと年末が近いことを感じます。ヨタ記事と書きましたが、ほとんど害もないし誰かに迷惑がかかるわけでもないので、この手の記事は夢があって好きです。大瀧詠一が動く姿が見てみたいですね。あがた森魚の『僕は天使ぢゃないよ』という映画に大瀧詠一は出演していて、テレビでちチラッと流れたのを見たような記憶があります。

佐野元春がデビュー30周年で最近もNHK教育で『佐野元春のザ・ソングライターズ』という番組をやっていることから、佐野元春の紅白出場は内定しているそうな。サプライズ企画としてナイアガラ・トライアングルの再結成を水面下で準備しているそうな。最終的には大瀧詠一の意思次第と記事に書いてありますが、ほとんどありえない話ですね。

もともとライブ嫌いで有名な大瀧詠一がテレビで歌うというのはどう考えてもありえません。最近の音楽活動というと旧譜の20周年とか30周年の再発くらいだし。大瀧詠一が最後に観客の前で歌ったのは確か1985年のはっぴいえんどの再結成だったような気がします。

それにしても、大瀧詠一を「ニューミュージックの旗手」と書いているのには笑いました。「ニューミュージック」という言葉も久しぶりに見ました。日本語ロックの草分け的バンドであるはっぴいえんどのメンバーで、『A LONG VACATION』や『EACH TIME』は売れましたが、大瀧詠一は旗手とかシーンをリードしていくような存在ではないですよね。

76年の「ナイアガラ・トライアングルvol.1」で日本のポップス界に旋風を巻き起こしたとも書かれていますが、このアルバムはヒットしていません。ヒットしていたら『名月赤坂マンション』なんていう曲も生まれなかったと思います。

私はvol.1の方が断然好きですね。山下達郎の強烈なポップセンスに対して大瀧詠一が音頭で対抗している図式が非常に独特です。『ドリーミングデイ』も『ナイアガラ音頭』どっちも好きです

山下達郎の『パレード』はシュガーベイブの『SONGS』ではなくこっちに入っています。スタジオミュージシャンとして参加している坂本龍一もいい仕事をしています。『ココナツ・ホリデイ』ではアープのシンセサイザーを弾いています。

佐野元春が紅白に出るなら『ヤングブラッズ』~『シャウト・トゥ・ザ・トップ』~『ハングリ・ハート』~『サムデイ』なんていうメドレーを歌って欲しい。




A LONG VACATION 20th Anniversary Edition
ソニーレコード
大滝詠一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by A LONG VACATION 20th Anniversary Edition の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック