0コメント

『ペルシャ猫を誰も知らない』を見た

イランのアンダーグラウンドな音楽シーン(インディー・ロック)を描いた、バフマン・ゴバディ監督の『ペルシャ猫を誰も知らない』という映画を見ました。

この映画に興味を持ったのは『ザ・コーヴ』を見たときに予告をやっていたのが一つのきっかけです。TBSラジオの『メキキの聞き耳』にたまに出てくるイラン人の漫才師、エマミ・シュン・サラミのイランに関するはネタも面白いですね。エマミ・シュン・サラミの声や喋り方がちょっとDAIGOに似ていて、ボンクラっぽいところもいいですね。

ロックやポップスを演奏することが厳しく制限されているイランで音楽活動するアシュカンとネガルはロンドンで行くことを考えている。そんなときに便利屋のナデルという男を紹介されます。ナデルは偽造パスポートやビザを扱う怪しい連中にも顔が効いたり、アシュカンとネガルにバンド仲間を紹介してくれたりします。

出てくるミュージシャンはイランの本物のミュージシャンだそうで、主人公のアシュカンとネガルも役者ではなくミュージシャンだそうです。主要キャストでプロの役者はナデル役のハメッド・ベーダドくらいだそうです。この人が実にウサン臭いいい味を出しています。警察に捕まって、必死で弁解するシーンで、物凄い速さで全く心にもない事を喋るところがバカウケでした。ラップといかスキャットという感じの喋りでした。

ヘビメタ、ポップス、フォーク、ラップ、フュージョン、イランの民族音楽をベースにしたものなど、イランの様々な今の音楽が出てくるところがこの映画の最大の魅力です。ポップスやロックなどはバンドの演奏は特に欧米のロックやポップスとそれほど違いはないように感じますが、歌メロはやはり独特なものがあります。イスラム教のコーランのような独特な節回しのようなものを感じます。インストルメンタルのフュージョンは特にイラン独特なものはほとんど感じませんでした。

ペルシャ語のラップもなぜか、ほとんど違和感を覚えませんでした。テヘランのラッパー、ヒッチキャスはアメリカのラッパーのような格好をしているわけではないのですが、カタギではないような雰囲気を漂わせていました。上野で変造テレカを売っているような感じ、いまどきそんなイラン人いませんね、

イランのクラブミュージックについてはほとんど触れられていなかったのがちょっと残念でした。(最後の方ではそれらしき音楽はかかっていましたが)インドネシアのファンキー・コタみたいなのがあったらと思ったのですが。

テヘランの街並みは牧歌的な感じだったり、スラムのような荒んだところもあったり、核開発を行っているような国には思えないのですが、インドやパキンスタンも核保有していたり、北朝鮮も核開発をしていることを考えると、イランで核開発が行われていても不思議はないですね。

正式な撮影許可が降りなかったためにゲリラ的な撮影しか出来なかったそうですが、それを差し引いても荒削りで、けっこうツッコミ所の多い映画という感じがします。でもイランの色々なミュージシャンを見ているだけでも充分、楽しめます。唐突でショッキングなラストはアメリカンニューシネマみたいな感じもします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ペルシャ猫を誰も知らない
  • Excerpt: カンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を獲得したイランのクルド人監督バフマン・ゴバディが、テヘランを舞台にとあるミュージシャンカップルを中心に描いた青春音楽ドラマだ。その殆どが実在するミュージシ..
  • Weblog: LOVE Cinemas 調布
  • Tracked: 2010-08-15 15:56