0コメント

村崎百郎さん刺されて亡くなる

nikkansports.comによりますと、23日午後5時50分ごろ、東京都練馬区の作家村崎百郎さん(48=本名黒田一郎)方から、男の声で「人を刺した。捕まえてください」と110番通報があったそうな。駆けつけた警視庁練馬署員が、1階居間で腹部など二十数カ所を刺されて倒れている村崎さんを発見、同室内にいた横浜市の無職の男(32)を殺人容疑の現行犯で逮捕したそうな。村崎さんは搬送先の病院で死亡が確認された。即死とみられるそうな。

「社会派くんがゆく!」シリーズで対談をしていた唐沢俊一は「村崎さんは過激な表現をする作家だったが、実像はまったく逆で優しい心を持った男だった。ネットではプライベートがない。本当に悔しい」とコメントしていすます。

サンスポの記事を読むと、容疑者には統合失調症で通院歴があるようで、そのせいで容疑者の名前が出ていないようです。電波系、鬼畜系ライターの村崎百郎が本物の21世紀のスキッツォイド・マンに刺殺されとは。サンスポの見出しは「作家の黒田一郎さん、自宅内で刺され死亡」でした。黒田一郎さんじゃ誰だか分かりませんよ。

「社会派くんがゆく!」シリーズでは犯罪や犯罪者たちについて電波で鬼畜の視点から語っていました。この容疑者についてはどう思っているのかイタコを通して聞いたみたい気がします。「社会派くんがゆく!」シリーズでは基地外にも刑事責任をとらせるべきとかたっていました。

裁判になった場合、容疑者の責任能力があったかどうかが問題になると思いますが、この容疑者は2ちゃんで村崎百郎の住所を調べて、犯行に及んだみたいです。普通に考えて心神耗弱状態で横浜の青葉区から練馬まで一人で行けるとは思えません。まぁ、普段から電波を受信するタイプの人間なら電波に導かれて行くことはできるかもしれませんね。この事件は裁判員裁判で裁かれるはずなので、この後も注目したいですね。

「社会派くんがゆく!」シリーズは大好きな本だったので、こんなかたちで終わってしまうのは残念な気もしますが、実は最高の終わり方だった気もします。Webで読むことができますが、古屋兎丸の表紙がついた書籍としてのかたちが私は好きでした。ここ1~2年はパワーダウンが目につくようになってきていたので、普通に終わるよりも、文字通りサドンデスというかたで終わってしまうのもこのシリーズらしいですね。最後は「相撲取りとヤクザが絡んで何が悪いのか」でした。今年の分もなんとか書籍化してもらいたいですね。

唐沢俊一の盗作問題が発覚したときに村崎百郎は「社会派くんがゆく!」で擁護など全くせずに、容赦なく唐沢俊一を叩き、からかっていたのが面白かったですね。

唐沢俊一のコメントにもあるように、村崎百郎が実は常識があり心優しい人だったというのは村崎百郎の著作物や発言をよく読めば分かります。2ちゃんのこの事件のスレでもそういったレスは数多く見られます。容疑者は村崎百郎の「本にだまされた」と言っているようです。本物の電波系、スキッツォイド・マンの感じ方、その後の行動は一味違いますね。それでも責任はしつかり取ってもらいたいものです。

ご冥福をお祈りします。

社会派くんがゆく!
社会派くんがゆく!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック