0コメント

琴光喜を恐喝した容疑の古市容疑者を逮捕

YOMIURI ONLINEによりますと、大相撲の大関琴光喜(34)(佐渡ヶ嶽部屋)が野球賭博に絡む口止め料350万円を脅し取られたとされる事件で、警視庁は24日、元幕下力士で自称・元暴力団組員の古市(ふるいち)満朝(みつとも)容疑者(38)(大阪府寝屋川市石津南町)を恐喝容疑で逮捕したそうな。

「さ~て、世界情勢は」と思いながら、YOMIURI ONLINEのページを開いてみると画面の右側には派手なおばちゃんがパトカーに乗せられているような画像がありました。「このおばちゃんは保険気詐欺か結婚詐欺でもやったのか?」などと思いながら記事へのリンクをクリックしてみたら、びっくり!琴光喜を恐喝していた疑いで逮捕状が出ていた古市容疑者でした。

私の目には古市容疑者の姿はどう見てもおばちゃんに見えません。野村沙知代みたいな感じですね。髪型やサングラスの色、フレームがおばちゃん臭い。服の左胸に魚の模様の刺繍が入っているところに微かにヤクザな趣味が感じられます。余談ですが後藤真希の弟の祐樹が銅線強盗で逮捕された時には首に魚の模様の刺青をしていました。

古市容疑者は確か昨日か一昨日、TBSのインタビューに答えていました。その時は帽子を被っていました。そのためか、おばちゃんぽくは感じませんでした。

野球賭博問題でお騒がせな大相撲ですが古市容疑者の逮捕は名古屋場所にどう影響してくるんでしょうか?琴光喜に関しては書類送検されるかもしれないという報道も見られます。内館牧子さんはこの問題についてはまだ語っていないようですね。

大鵬部屋をついだ元貴闘力の大嶽親方も野球賭博にかかわって事に関して、一部で義理の父でもあり大横綱の大鵬の名前を汚したというよう意見もあるようですが、大鵬も現役時代に拳銃を密輸して書類送検されています。ある意味、脇の甘さも受け継いでしまっていたようですね。

テレビで大相撲の最近の不祥事の一覧が紹介されているのを見ていたら、朝青龍のサッカー事件も当然リストにあがっていました。今回の騒動からすると朝青龍のサッカー事件は微笑ましい事件でしたよね。別に法律を犯したわけでもヤクザと繋がりがあつたわけでもなかったし、誰か傷つけたわけでもないし。あのとき朝青龍は2場所の出場停止という処分でした。最終的に正式な処分がどういうものになるかはまだ分かりませんが、今回の琴光喜は佐渡ヶ嶽親方が、琴光喜に名古屋場所の休場命じたかたちになっています。

相撲協会は名古屋場所を中止してでも膿を出し切って、やり直せというご意見もありますが、ヤクザとの付き合いや博奕が負の伝統として色濃く残っている現在の体質がそう簡単に改まるとは思えません。まぁ、なんとなく今回もうやむやになって行く気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック