0コメント

『インビクタス / 負けざる者たち』を見た

南アフリカではサッカーのワールドカップが盛り上がっているようですが、私は1995年に南アフリカで行われたラグビーのワールドカップでの南アフリカ代表の「スプリングボクス」の活躍を描いた『インビクタス / 負けざる者たち』を最近見ました。

監督はクリント・イーストウッドでモーガン・フリーマンがマンデラ大統領を演じています、モーガン・フリーマンは製作の方にも関わっているようです。「スプリングボクス」のキャプテン役はマット・デイモン。

アパルトヘイトが終わり、ネルソン・マンデラが大統領に就任した新しい時代を迎えた南アフリカ共和国はまだ混乱状態にあり、ラグビーのワールドカップを通じて国を如何にひとつにまとめ新しい時代に踏み出そうという感じのお話。ラグビーが話の中心になっているところから私は『スクールウォーズ』をイメージしたりしていました。

前半から中盤にかけては南アの政治的な混乱とラグビーの代表チーム「スプリングボクス」の低迷がかなりしつこく描かれていています。

私はモーガン・フリーマンの出ている映画はけっこう見ている方だと思うのですが、私には基本的にモーガン・フリーマンはどんな役を演じてもモーガン・フリーマンにしか見えません。失礼な話かもしれませんが野際陽子やキムタクの演技に通じるようなものを感じます。

前半にモーガン・フリーマンが長めの演説をぶつシーンが何度かあるのですが、抑揚があまり感じられない平坦な感じの喋り方でちょっと説得力にかける感じがししました。

ワールドカップが開幕してもそれほど物語が盛り上がりを見せない感じでした。ネットの一般の人のレビューでも厳しいものがけっこうあったので、このままで最後まで行ってしまうのではないかと非常に不安に感じました。

しかし、「スプリングボクス」が勝ち進むうちに一気に物語が加速していき、ニュージーランドのオールブラックスとの決勝を迎える時の盛り上がりは大変な感じでした。マット・デイモンが決勝のチケットを家族に渡すシーンで、マット・デイモンの家で働いている黒人の家政婦さんの分までチケットがあったり、決勝直前のスタジアムの上を「グットラック ボカ」と書いた旅客機が超低空で飛んだり、決勝の試合を迎える直前でお腹いっぱいな感じになるくらいグッくるシーンの連続でした。

決勝戦の直前のSPのミーティングで、「スプリングボクス」の応援にスタジアムにやって来る観客はほとんど白人で、残念ながらレインボーネイションにはならないという話がされますが、決勝の試合を通して次第にレインボーネイションになっていくところがベタでしたがやはりグッときました。前半から中盤にかけてのどうにもグダグダな展開は最後の盛り上がりに向けての巧妙な演出だったようです。でも特別な演出的なマジックやあざとさはほとんど感じません。

正直、派手さみたいなものはあまりありません。日本でオリンピックやスポーツを扱ったテレビの大袈裟な「感動をありがとう」みたいな演出が好きな人には向かない映画だと思います。私は非常に清々しさというか爽快感を感じました。

決勝戦の得点がほとんどドロップゴールとペナルティキックによるものだったのがちょっと不思議なかんじでしたが、You Tubeで実際のダイジェストを見たら、本当にそのままだったので驚きました。

バラックばかりの黒人居住区のシーンが何度もあるのですが、あのシーンはやはり『第9地区』を思い出します。アメリカの公開は『第9地区』が先だったようです。

インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
インビクタス / 負けざる者たち Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ■映画『インビクタス/負けざる者たち』
  • Excerpt: 2010年度、最初に紹介する映画はクリント・イーストウッド監督がネルソン・マンデラ大統領を描いた映画『インビクタス/負けざる者たち』。 2010年1本目の紹介でありながら、Cheese的には既に..
  • Weblog: Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
  • Tracked: 2010-07-11 10:35