0コメント

小室哲哉被告に執行猶予判決

YOMIURI ONLINEによりますと、音楽著作権の売却話を巡る詐欺事件で、兵庫県芦屋市の会社社長から5億円をだまし取ったとして詐欺罪に問われた音楽プロデューサー・小室哲哉被告(50)に対し、大阪地裁は11日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役5年)の有罪判決を言い渡したそうな。

検察側の求刑が懲役5年だったので、もしかしたら実刑かと言われていたので、執行猶予が付いて良かったですね。ちなみに私は小室哲哉のファンではありません。

罪を全面的に認めて、被害者に慰謝料も含めて約6億円の被害弁済をしたのが執行猶予付き判決に繋がったのではないでしょうか。被害弁済のための6億もの金はavexの松浦勝人社長から借りた金ですが。さて、この借金を小室哲哉は完済することができるのでしょうか?松浦勝人社長としてはある程度回収できる計算があって貸したのか、それともavexや自分自身の宣伝費として払ったもの考えているのでしょうか。

小室哲哉の今後が非常に注目ですね。復帰第一段は話題性から注目は集まると思いますが、それ以降コンスタントに音楽活動を続けていけるのかが問題ですね。私は岡村靖幸と一緒にやってもらいたいと思うのですがどうでしょうか?

しかし、今日は民主党の小沢代表の辞任というニュースなどもあり、いまひとつ小室哲哉の判決のニュースへの注目度が減ったような気がします。これは吉なのか凶なのか?どうでもいいのですが、小室哲哉の今日の姿を見ていたら、なんだか顔の感じが料理人の神田川俊郎に似ているように見えました。

今日は作曲家の三木たかしさんが亡くなったというニュースもありました。代表曲は石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」やテレサ・テンの「つぐない」、坂本冬美の「夜桜お七」だそうです。私はあまりこの人の曲は知らないのですが、「津軽海峡・冬景色」、「つぐない」、「夜桜お七」は知っています。「夜桜お七」の前半がスローで途中から急にテンポが上がる演歌とは思えない展開はけっこう好きです。ご冥福をお祈りします。坂本冬美は一緒に歌ったこともある清志郎と代表曲とも言える「夜桜お七」を作曲した三木たかしさんが相次いで亡くなってショックだと思います。

不謹慎な話でも申し訳ないのですが、小室哲哉の判決の日に「つぐない」を作曲した三木たかしさんが亡くなるというタイミングが非常にツボにはまりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック