1コメント

『田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ」を読んだ

去年、アパグループの「真の近現代史観」懸賞論文の問題で航空幕僚長を解任された田母神俊雄氏の『田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ」を読んでみました。

「真の近現代史観」懸賞論文の問題が話題になっていた頃、TBSラジオ「ストリーム」で小西克也さんは田母神氏の論文を「トンデモ本みたいな論文」と語っていた記憶があります。勝谷誠彦は田母神氏をかなり好意的に語っていた記憶があります。

帯には『だまされるな!本当のことを教えよう』、『統合幕僚学校での講義を再現!自衛隊の上級幹部は「授業」を受けていた!』などの刺激的な宣伝文句が書かれていたので、ちょっと期待したのですが、あまりデキのよくないトンデモ本という感じ私にとっては期待はずれな感じでした。

基本的には自虐史観の否定というのが田母神氏の言いたいことで、戦前の日本は素晴らしい民主国家で日本軍はモラルのある素晴らしい軍隊だった。そういった歴史認識を持つことで日本人は誇りを取り戻すことができ、強い国家になることができるとおっしゃっています。既存の保守派や右翼の論客が以前から言っている事とかなり重なる部分が多く、この辺はあまり面白くありませんでした。細かい部分では張作霖爆殺事件や盧溝橋事件はコミンテルンが仕掛けた、ハルノートを起草したのもコミンテルンという陰謀史観がちらりと見えるところは面白いですね。

田母神氏の言うところによると、諸悪の根源は左翼、左巻きの連中のせいで、こういった勢力を一掃しなければならないと言っています。田母神氏の中ではまだ冷戦は終結しておらず、ベルリンの壁も崩壊していないような感じがします。対テロ対策などについてもほとんど語られていないことから9.11テロももちろん田母神氏の中では起こっていないような気さえします。

政治の講義の部分では、親中派やリベラルな自民党の政治家を斬りまくっているのはストレートすぎて面白みに欠けます。しかし、自分を解任した麻生総理について執拗に批判しているのは笑えます。「田母神さんをやめさせた麻生さんは男じゃない」、「日本を任せる指揮官ではない。彼の言う事は聞きたくない」という声が防衛省内部から聞こえると、書いていたりしています。

「ゆとり教育」の批判を日教組批判に絡めている部分がありますが、「ゆとり教育」を勧めたのは日教組ではなく文科省ですね。性教育や金融投資について小学校から学ぶ必要はないとおっしゃっています。その理由がセックスも投資もある程度の歳になれば大人に習わなくても自分で覚えていくものだからだそうです。「会社は株主のものではなく、従業員のものだ」とはっきりと書いているところもなかなか凄いですね。ホリエモンや村上ファンドの批判などもしていて、日本人はモノをコツコツ作って堅実に生きていけばいいとも言っています。武器を作って輸出することをすすめていたりもします。マネーゲームは悪で武器を作って輸出するのはいいという感覚が私には理解できません。政治はさておき、経済については手を広げない方がよかった気がします。

『日本で進む「文化大革命」―“一億左翼化”と“森永卓郎現象”』では田母神氏の論文を批判した軍事ジャーナリストの田岡俊次氏に反論しています。どうでもいいのですが田母神氏と田岡氏は顔が似ているように感じがします。今の日本では左翼は強くないですね。90年代以降、特にバブル崩壊以降はどちらかというと右の方が強いですね。鳥肌実はそんなにブレイクできませんでしたが。

他にも色々とツッコミ所の多い本で本当に自衛隊の上級幹部がこの程度授業を受けていたとはとても信じられません。まぁ、この本を出しているのは双葉社ですからね。田母神氏を見ていていると私は『博士の異常な愛情』のリッパー将軍を思い出します。リッパー将軍は陰謀論に取付かれ勝手にソ連への核攻撃の命令を出してしまうのですが。

田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ
田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

  • お父さん

    田母神さんの言うとおり、日本は豊かになりすぎ、ゆとりが出来、失敗した。
    2010年03月30日 20:32

この記事へのトラックバック

  • 【軍人は戦争をしたがらない】田母神塾
  • Excerpt: 領空侵犯をされたときには、敵機はただちに撃ち落とす。領海侵犯をされたときには、船は粉にして日本海に沈めてしまう。
  • Weblog: ぱふぅ家のサイバー小物
  • Tracked: 2009-07-02 20:19