1コメント

『機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 』を読んだ

大和田秀樹の漫画『機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 』を読んでみました。この漫画は『機動戦士ガンダム』のパロディの4コマ漫画です。『機動戦士ガンダム』の名場面のパロディやキャラクターの性格をかなり捻ったかたちで4コマ漫画が展開されていきます。

シャアはかなりとぼけたキャラクターに設定されていて、お約束通り「赤」と「ツノ」に異常にこだわりを見せています。ララァはシャアのツッコミ役になっています。アムロは童貞キャラで頭の中はその手の妄想で一杯で、ときどき暴走したりもします。

シャアがアッガイに異常にこだわっているのは作者の大和田秀樹の趣味なのでしょうか?しっかり「アッガイの章」まであったりします。一時期、2ちゃんでアッガイに関するネタが多かった気がしますが、もしかしてこの漫画の影響だったのでしょうか?

劇場版の「めぐりあい宇宙」編のエンドロールでグワジン型の戦艦のブリッジにシャアらしき人影が映るシーンのネタになっているのがなかなかマニアックでいいいですね。シャアらしき人影はシェーツやコマネチのポーズをやったりしてます。

ア・バオア・クーの戦いでリック・ドムやゲルググの動きが悪いとうキシリアの指摘に対して学徒動員兵が乗っているためと説明され、授業の代返を頼んでパチコン屋にならぶ学生や麻雀に明け暮れて授業をサボろうとする学生の姿を想像するところもいいですね。Windowsの「不正な処理を行ったので・・・」というエラーの画面やWindows関連のネタは懐かしいですね。そう言えば最近のWindowsのエラーで「不正な処理が云々」みたいな変な日本語のエラーメッセージはあまり見なくなりましたね。この漫画で一番私が好きなのは表紙の「30過ぎてもガンダムガンダムって・・・」「どうかと思うけどね。ボカァ!」と言っているシャアですね。ララァはお約束通り「いけません大佐」と言っています。

巻末にはシャアの声をやっている池田秀一さんのインタビューが載っていたりします。最初は「ガンダムさん」のシャアに腹が立つ部分もあったとはっきりと言っているところが面白いですね。アニメ化するとしも僕はやりませんけどねと言っています。

余談ですが、この漫画はなんとなく軍隊的なシチュエーション・コメディみたいになっている部分もあることから、私は吉田戦車の「戦え!軍人くん」を思い出してしまいました。

機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 (カドカワコミックスAエース)
機動戦士ガンダムさん さいしょの巻 (カドカワコミックスAエース)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

  • おのの

    興味もちました!
    こういう漫画、大好きです♪
    2009年06月09日 17:04

この記事へのトラックバック