0コメント

【人生案内】「楽しそうな元彼女 許せない」

またまた、読売新聞の「人生案内」が面白かったのでご紹介したいと思います。

今回の相談者は30代の男性会社員、1年半前に3年半付き合った女性とその女性の浮気が原因で別れた。自分は精神的なショックを受け、体重が10㌔も減ってしまった。しかし、別れた女性はすぐに新しい恋の相手もでき、仕事も充実しているようでとても悔しい、許せない。元彼女の不幸を祈らずにはいられない自分をどうしたらいいのかというお悩み。

どうにも女々しい男の相談で、相談内容自体は正直、面白みに欠けます。しかし、高橋秀実さんの回答が実にウイットとユーモアに富んでいて、おまけにエスプリや頓知まで効いてい楽しめました。

この手の相談の場合、仕事に打ち込んだり、趣味に没頭したり新しい恋の相手を探すことで前の相手のことを忘れなさいというのが、普通の人生相談のがセオリーというか定石というかありがちな回答ですね。まぁ、失恋という現実から、他の事に没頭すること=逃避によって、失恋の痛手から立ち直るという方法ですね。

高橋秀実さんはまず、この相談者の体調を気遣い、美味しものを食べ十分な睡眠をとることを勧めています。元彼女にとって憔悴している相談者今の姿は同情を誘うどころか自分の魅力を再認識し、ますます輝かせてしまうだけだと忠告もしています。そして、「彼女のことが許せない」のであれば、彼女以上に自分が輝くことが必要だと書いてます。それも内面的に自分を磨いて輝くのではなく、外面を磨く(ヘアスタイルを整え、スーツを新調する。背筋を伸ばし、颯爽と歩くこと、そして仕事もテキパキとこなすこと)ことによって姿が光れば「心の持ちよう」も明るくなるはずであると書いてます。極めつけは元彼女が近寄ってきたら、ヨン様のように胸に手を当てて「どちら様でしたか?」と首を傾(かし)げてやりましょうという部分ですね。

高橋秀実さんのアドバイスは非常に滑稽な感じで笑えるのですが、実はそれほど突飛なアドバイスではありません。体調を整えて、外面を磨き仕事もできるカッコイイ男になろうとするには元彼女のことに気にしている暇などないし、仕事もできるカッコイイ男になれば女も寄ってくるようになるし、生活も充実するはずですね。実はセオリーどうりの回答です。しかし、話の展開のさせ方や、「それこそ職場の女性を全員悩殺する勢いで」あるいは「ヨン様のように」のような言い回しや内面ではなく外面を磨くというちょっとした視点の変え方で、ありきたりなアドバイスが実に新鮮で面白いアドバイスに生まれ変わるから不思議ですね。

なんとなく、今は亡き中島らもの「明るい悩み相談室」を思い出しました。今後も高橋秀実さんの回答に注目していきたいと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック