0コメント

野茂英雄が引退へ

YOMIURI ONLINEによりますと、本人大リーガーの先駆者的存在で、日米通算で201勝をあげた野茂英雄投手(39)が17日、現役引退を決意したことが分かったそうな。今年4月にロイヤルズから戦力外通告を受け、その後、現役続行を希望したが、獲得へ動く球団がなく、引退を決めたそうな。

残念ですね。私はここ何年かはほとんど野球への興味がなくなっていたのですが、野茂投手の動向だけは気になっていました。5月くらいに生島淳さんがもしかしたら日本球界への復帰もあるかもと言っていましたが、結局日本球界への復帰はないままで引退となりそうですね。私はこれでよかったと思います。

私は近鉄時代はそれほど注目していなかったのですが、当時の近鉄の鈴木啓示監督やフロントとの確執から近鉄だけでなく日本球界からも追われてしまった野茂投手にはやはり注目せずにはいられませんでした。正直、私は野茂投手があそこまでメジャーで成功するとは想像できませんでした。野茂投手がロサンゼルス・ドジャースでメジャーデビューをした1995年は阪神・淡路大震災とオウムの地下鉄サリン事件があった年でした。オールスターで先発したのも印象的でした。オールスターは地上波のテレビでも生中継してました。

当時は今のようにメジャーの試合をテレビで見ることはほとんどできなかったので、ラジオで野茂投手が登板する試合の中継を聞いていた記憶があります。「Take Me Out to the Ball Game」という曲を知ったのはこの時です。今ではイチローが出演する日興コーディアル証券のCMでも使われていますが、私の中では野茂投手とニッポン放送という形で結びついています。

メジャーでも数々の記録を打ち立てた野茂投手ですが、あとドジャースから勝ち星をあげればメジャーの全球団から勝ち星をあげるという記録が達成できたのですが、これは残念でしね。意外な記録としてはメジャーで日本人最初にのホームランを打ったのも野茂投手だったりします。記録も凄いのですが、何度もマイナーに落ちてもメジャーに這い上がったてきたところがやっぱりグッときます。

余談ですが、みうらじゅんが雑誌の「Number」の企画でタイガーマスクに出てくる虎の銅像を作ったのですが、それを見た野茂投手がその銅像を欲しがったのでプレゼントしたといみうらじゅんが言っていた記憶があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック