0コメント

ビートルズの曲はiTunesでは売らない

CNET Japanによりますと、ビートルズの大部分の曲の権利を保有する会社が、ビートルズとアップルが契約を結んだという報道に対し疑問を呈しているそうな。

ソニーと歌手のマイケル・ジャクソンさんによる合弁事業であるSony/ATV Music Publishingは、ビートルズの曲が近く「iTunes」で販売されるようになるというロンドンからの報道を否定したそうな。Sony/ATV Music Publishingの広報はCNET News.comに対し、報道は「事実ではない」と述べたそうな。

私は「ビートルズの曲がiTunesで買えるようになるかも」というニュースも知りませんでした。去年はレッド・ツェッペリンがiTunesで買えるようになって、iTunesで買えない大物はビートルズくらいかと思っていたとだったのですが、噂というかガセネタとしても世間を騒がせるようになっていたのですね。

EMIグループがビートルズのレコーディングに関する権利を保有するのに対し、Sony/ATV Music Publishingはビートルズの大半の曲の出版権を所有しているそうなのですが、EMIが持っているレコーディングに関する権利とはどういったものなのでしょうか?カバー曲をレコーディングする際の許諾に関する権利とかそんなようなものなのでしょうか?まぁ、マイケル・ジャクソンさんが首を縦に振らないことにはiTunesでビートルズの曲は買えないということなのでしょう。でも現在はマイケル・ジャクソンさんとソニーの関係はかなり悪いという話もあり、そういったことからもこんな噂が出てくるのでしょう。

くしくも今年はマイケル・ジャクソンさんの「スリラー」が今年発売25周年ですな。「スリラー」のヒットで得た金でマイケル・ジャクソンさんはビートルズの版権を買ったような気がします。

ちなみに「ずうとるび」の曲もiTunesでは買えません。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック