0コメント

ネットで嫌がらせ…会社員と高校生ら送検

毎日jpによりますと、庫県警は6日、神戸市兵庫区の男性会社員(27)を青少年愛護条例違反容疑で、熊本市内の高校3年の男子生徒(18)を不正アクセス行為禁止法違反容疑でいずれも書類送検し、熊本県内の中学3年の女子生徒(15)を同法違反容疑で家裁送致したそうな。

ちよっと複雑なのですが今どきの面白い事件なので取り上げてみました。最初は女子生徒と男性会社員が一度も実際に会わないまま、07年4月からネット上で「疑似交際」したたそうな。「疑似交際」とはおそらくチャットやオンラインゲームをやったりする仲だったのでしょう。

しかし、女子生徒の方が男子生徒の方に心変わりし、男性会社員をさけるようになったそうな。男性会社はオンラインゲームの中でストーカーになって女子生徒のキャラクターにつきまとうようになったそうな。

困った女子生徒は男子生徒に相談したそうな。似非スーパーハッカーの男子生徒は女子生徒から男性会社員のオンラインゲームのパスワードを聞き出したそうな。そのパスワードで男性会社員になりすましてログインした男子生徒は男性会社のキャラクターの持っていたアイテムを奪ったり、キャラクターを初期化してしまったそうな。

男性会社員もさすがにオンラインゲームでの自分のキャラクターの異変に気づき、県警に「(ゲームで使う)アイテムをとられた」となどと相談したことから事件が発覚、男子生徒と女子生徒は不正アクセス行為禁止法違反容疑で書類送検と家裁送致になったそうな。しかし、男性会社員も男性会社員も女子生徒と交際中に、パソコンのウェブカメラなどを使ってわいせつ行為を指示していたことが発覚、青少年愛護条例違反容疑で書類送検されてしまったそうな。

最近相次いでいる2ちゃんなどでの殺人予告などにくらべると脱力するような間抜けな事件ですな。疑問なのはなぜ男性会社員が女子生徒にオンラインゲームのパスワードを教えていたのかといことと、男性会社員がオンラインゲームの自分のキャラクターがイタズラをされて警察に相談したかです。ゲームのサポートに相談した方が良かったのではないかと思ってしまいます。3人とも書類送検されてしまったというのがいいですね。

この話に性交、妊娠、レイプ、DV、中絶、自殺未遂、不治の病の要素を加えて「ケータイ小説」に仕上げれたら、あなたもyoshiになれるかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック